ウェブ集客を成功のコツは、脱ブラックボックス化

あなたは外食派ですか?

それとも

自宅ご飯派ですか?

もちろん場合によりけりだと思います。しかし、毎日外食派はかなりの少数でしょう。
毎日外食をしていては、お財布にも優しくないですし、健康面でも栄養のバランスを取る事は難しいでしょう。

極端な話にはなりますが、もしあなたが料理をするスキルが皆無で、料理のいろはを全く知らない状態だとします。しかしお腹は空くので何か食べなければなりません。その場合、あなたはどんな行動を取るでしょうか。もちろん食事のできるお店を探すのも1つでしょう。今日はこの店にしよう、明日はこのお店にしよう、明後日は、、、と言うように探していくのも悪くありません。

しかしこれをずっと続けるでしょうか?

おそらく簡単なものでも、「自分で料理ができないかな?」という発想に至るのではないでしょうか。料理をする術を知らないのですから、最初は何も作れないでしょう。しかしそのまま自分で何も作らずに、毎日外食をしていたら、お金はかさみます。さすがに1ヵ月ぐらいそんな生活を続けていたら、自分でも馬鹿らしいなと思い始めるでしょう。そして、料理の詳しい人に話を聞いたり、レシピを調べたりして、自分で料理を覚えたほうが早いと気づくことでしょう。(コンビニ弁当買うという手もあるよという、細かい指摘は無しとしますw)

どうしても自分で料理することができないのであれば、料理教室に通うでしょう。費用はかかりますが、毎回の外食代と比べれば安いものですからね。しかも、一度覚えればずっと生涯使えるスキルになります。

あなたは外食派ですか?
それとも自宅ご飯派ですか?

なぜこんな話をしてるかと言えば、スモールビジネスオーナーが行うウェブ集客に重要な話だからです。

ここまでの話を、ウェブ集客に当てはめると

外食=ウェブ集客の外注化
自宅ご飯=ウェブ集客の内製化

と言うことになります。どちらが良いかと言う議論ではありません。
どちらが最適か、スモールビジネスにとって、やりやすいかの視点で中立的に読み進めてください。

不具合は自分で対処できる?

私たちは、これまでたくさんの会員さんやお客様に、「ウェブ集客はできるだけ自分でやりましょう」ということを一貫して伝え続けてきています。自分でやるという事は、自分で仕組みを考えて、制作物を作り、運用していきましょうと言う意味です。ウェブ集客のDIYといったところでしょうか。

自分で全てを把握することで、集客ができていない原因が自分の目で分かり、なおかつそれを自分で修正を行うことが可能です。これはとても重要な話です。ウェブ集客で最も信頼のおける手段は、テストをすることです。テストをするという事はそれなりの修正や編集が必要になってきます。それを自分でやらずに、業者やコンサルタントに依頼をしてしまうと、修正の反映までに、思った以上に時間がかかってしまったりします。

以前私たちのお客さんにもいらっしゃいました。Oさんという方です。そのOさんのホームページではフォームのエラーが発生していました。そして、ホームページへの訪問者から、「フォームが正常に入力できない」という問い合わせをもらいました。しかし、Oさんはウェブ集客の仕組みや各種制作物を完全に業者に丸投げしていたため、自分ではどうすることも出来ませんでした。そこでOさんは、依頼している業者と連絡をし、確認を促しました。ところが解決されて無事落ち着くのに、なんと5日を要しました。そしてそれは大きなクレームにつながってしまったんです。そして大きな売り上げ損失にもなってしまいました。

これは1つの例ですが、こういうことって結構あります。

少なくとも、トラブル時には自分で直せた方がいいですよね。もし問い合わせをお客さんからもらった時に、システムを自分で把握をしていて修正箇所がわかっていたらクレームにはつながらなかったでしょう。それ以来、Oさんはウェブ集客を行う上で最低限は自分で把握しておこうという考えに変わりました。
こうした生の声から、ウェブ集客はまずは自分でやったほうがいいと心から思っています。

中身はちゃんと把握してる?

とは言え、外注化も悪いことだらけではありません。自分では作れないであろう、素晴らしい納品物が出来上がってくるのも事実です。しかしここにも細心の注意が必要になってきます。

先日、あるコンサルタントの方とお話ししました。その方はウェブが異常に苦手なため、ウェブコンサルの方にウェブ集客は全面的にお願いしているとの事でした。そして僕が、「集客は順調ですか?」と聞くと、その方は「よくわからないです」と答えました。詳しく話を聞くと、ランディングページやオプトインページ、Facebook広告といった一連のツールは揃ったけれども、何が起きているのか分からないとの事でした。100万円以上払ったみたいなのですが、結局、「中身がどう進行しているのか」がつかめていないようでした。その方がこう仰るのです。「いやー、利益もトントンで成果もいまいちだったし、次やる時もまた高いお金を出してたたまなきゃいけないな」これが、ウェブ集客のブラックボックス化です。頼んではいるけれどども、中で実際どのようにページが作られて、どのような考え方で広告を出稿しているのか、という部分については全く把握できていない状態です。「はい!できました」と納品物を見せられても、ピンときませんよね。

この、中が見えないブラックボックス状態になっているウェブ集客は非常に危険です。その企画が大当たりすればいいですが、実情はそんな甘くはありません。プロがやっても当たらないのもウェブ集客の面白いところでもあり、怖いところでもあります。ブラックボックス状態でなければ、作り方や考え方や、テストのやり方などが把握できるので、次回やるときは自分で出来るかもしれません。しかし何も見えない状態では難しいですね。

ウェブ集客のブラックボックス化は、外食と一緒です。都度料金を払わなければなりません。そしてその知恵やスキルは自分のものにはなりません。例えばファミレスのガストに行ったとしましょう。(ちなみに僕は、ココス派ですが、、笑)。確かにガストに行ってお金を払えば、料理はできます。しかし厨房では何が行われているでしょうか。ガストを非難するつもりはありませんが、もしかすると厨房ではレンジでチン、話しているときにマスクを着用していないということがあるかもしれません。そんなことをガストはしていないと思いますが、要するに「わからない」のです。その料理自体もどうやって作られているかはわからないんです。そのため、毎回お金を払い料理を提供してもらうことになります。再現性はゼロに等しいですよね。これをウェブ集客で行ってはいけません。

逆にウェブ集客で行って欲しいのは、料理教室のようなイメージです。料理教室に行けば、自分で習うことができます。レシピを教えてもらって、手取り足取り教えてもらえるの再現性はゼロに等しいですよね。これをウェブ集客で行ってはいけません。逆にウェブ集客で行って欲しいのは、料理教室のようなイメージです。料理教室に行けば、自分で習うことができます。レシピを教えてもらって、手取り足取り指導を受けられるので、自分のものになります。そうすると、ずっと自分で料理が作れます。毎回お金を払う必要はありません。これは非常に再現性があります。ウェブ集客を行う上では、外食よりも料理教室を意識した方が長期的に見てコスパが良いですし、成果にも大きな変化が出てきます。この、”成果まで自分でやったほうが出る”というのも、皮肉ですよね(笑)。

脱ブラックボックス化

ここまでの話はいかがでしたでしょうか。あなたのウェブ集客がブラックボックスになっていませんか?もちろんマーケティングの数字についても自分で把握しておく必要がありますが、ランディングページやホームページ、メールマガジンなどがどんな考えの下、どのように作られたのかを把握しておかなければいけません。なぜなら、集客の仕組みの持ち主はあなたですからね。あなたがオーナーなわけです。手綱を他人に委ねてはいけません。なにも、ウェブ制作のスペシャリストになる必要はありません。ワードプレスを始めとした便利なツールが助けてくれます。HTMLやCSSなどの高度なスキルも不要です。ウェブに対するハードルがここまで下がってる時代なのですから、しっかり把握していきましょう。何も難しくありません。

手初めに、ブラックボックス化を解決する手段として使ってほしいツールは、

ブログ、ホームページ→ワードプレス
ランディングページ→ペライチ
オプトインページ→ペライチ
メルマガ→メールチンプ
決済→ PayPal
ネットショップ→BASE
予約システム→coubic
画像制作→パワポ、キーノート

といったところです。

一つ一つの操作詳しく学びたい場合は、僕らのワークショップに遊びに来てみてください。どのツールも簡単に覚えることができますよ。

私たちは採算、ウェブ集客には再現性が必要ですと伝えてきています。その再現性を実現するのが、脱ブラックボックス化なのです。

「なんだかよくわからない」というのは自分の集客の仕組みにおいてはなくしてください。

どこの店よりも、自分の料理を愛する小島より^ ^

記事が気に入ったら
いいね!しよう

このは屋の最新情報をツイッターで