WordPressブログの始め方 – 専門知識は必要なし!操作が苦手でも問題ない理由とは

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

「Webに対して苦手意識がある」
「WordPressというとハードルが高く感じる」
「外注も考えているけど、できるだけ自分でも操作を覚えていじりたい」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

横浜のオフィスまで自転車通勤が多いのですがその時にふいに考えたことから、WordPressを始めるにあたって操作の覚え方について解説いたします。

できれば自分でWebページを作成したいという方にぜひ読んでほしいです。

では、さっそく内容に入りたいと思います。

恐怖心で人間は行動的になれない。

「だれもが、幼少時に突破する壁。」

幼少の頃、初めて補助輪を外して自転車に乗る時の恐怖心は半端ではないですね。

ブログ読者の中には、休日にお子さんの練習を手伝ったりしないでしょうか。

何が転機か、急にコツを掴みだし自転車に乗れるようになりますよね。

乗れた感動で、今までなんで乗れなかったことなんていちいち考えたりしませんが(笑)

それまで自転車に乗れなかった原因は、転んだらどうしようといった恐怖心ですよね。

恐怖心があると大胆に行動できません。

しかし、一度できるようになり慣れてしまえばそんなことなんて忘れてしまいます。

むしろ、アクティブになりますよね。当たり前ですが、徒歩より行動範囲が広がりますから。

しかも、一度乗れるようになれば体が必ず覚えています。

たとえ数年ブランクがあっても、体力が衰えていたとしてもです。

最近ふと思ったのですが、これって近年のウェブ制作にも同じことが言えると思うのです。

ウェブ制作が簡易的にできる時代

近年、HTML・CSSの知識が必要としなくても、

・ホームページ
・ブログ

が簡易的に制作できるようになりました。

中でもブログは、WordPress(ワードプレス) が有名ですね。

ブログとしても有名ですが、設定しだいではホームページのようにしてコーポレートサイトを作成することも可能なんです。

WordPressは、ほとんどHTML・CSSを編集することなく、デザイン・編集ができてしまいます。

大概は高機能でおしゃれなテーマが豊富にあるため、Webデザインは自分でする必要がないです。

ですが、操作を覚えることがある程度必要です。

・ブログ記事更新
・画像のアップロード
・固定ページ(ブログ記事とは違い会社概要などの情報を記載するページ)の編集
・テーマ(WordPressのデザイン面を担うもの。)の導入

などの、基本的な事を慣れてしまえば初心者の方でも十分できますよ。

また、WordPressは情報が豊富なのが導入するメリットだと感じています。

ネットで検索すれば、操作に関してはすでに解説している記事が存在するケースが非常多いです。

とは言っても、「変な所をクリックしてしまいそうで怖い」「独学では厳しいのでは…。」と、お考えの方もきっと多いですよね。

WordPressは勉強会やセミナー、ワークショップが全国で豊富に開催しています。

操作が覚えるだけとは言っても、すぐに聞ける環境はあると理解度もはるかに早いのは間違いありませんから、こういった機会を活用していただきたいですね。

私達このは屋でも、「WordPress集客ブログ攻略1DAYワークショップ」を定期的に開催しております。

ブログ記事作成がメインですが、操作も解説いたしますのでわからないところはすぐに質問していただければお答えしますよ。

ご興味のある方はぜひご参加ください。

苦労して操作を一度慣れてしまえば、自転車を乗れたときのように中々忘れません。

例えブランクがあり忘れたとしても、解説記事が豊富にあるので一度慣れておけば、感覚を取り戻しやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、『WordPressブログの始め方 – 専門知識は必要なし!操作が苦手でも問題ない理由とは』についてお伝えさせて頂きました。

Webの進歩は早くWordPressに変わる次世代のシステムがでてくる可能性もありますが、WordPressで覚えた操作感や知識は必ず役に立つと思っています。

これからもどんどん便利なプラグインやテーマが開発されていくことかと思いますので、WordPressの動向をチェックしていきたいですね。

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。