WordPress導入後に設定したい!SEOに最適なパーマリンクの設定

2016年6月14日

こんにちは。このは屋ののざわ(@nozawa_ya )です。

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

[kanren postid=”9439″]

の記事では、パーマリンクについての解説を行いました。

今回は、実際にWordPressでのパーマリンクの設定を行ってみたいと思います。

この設定を行うことによって、ブログ記事のURLがどのように表示するかを指定できます。パーマリンクをシンプルな構造に設定しておくとで、SEO的にもいいです。

設定はできるだけ初期段階で行ったほうがいいのでなるべく早めに設定をしてしまいましょう!

WordPressのSEO対策に最適なパーマリンクの設定方法。

では、実際にパーマリンクを設定していきたいと思います。

WordPressの設定画面では、いくつか設定が用意されているのですが、「カスタム構造」で設定しましょう。

管理画面からのパーマリンクの設定方法

WordPress管理画面 → 設定 → パーマリンク設定

パーマリンク設定01

カスタム構造にチェックを入れて、「/%postname%」と入力しましょう!

チェックと入力がすんだら、変更を保存を必ずクリックして下さい。

投稿記事内でのパーマリンクの設定方法

投稿記事のタイトルを大体の方は日本語にするかと思います。タイトルを日本語にすると、パーマリンクも自動的に日本語になってしまうので、下の画像のように手動で編集しましょう!

記事投稿03

編集をクリックしてください。

パーマリンク設定02

記事タイトルに関連するものを半角英数字で、入力してOKをクリックしてください。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、実際にWordPressでのパーマリンクの設定について解説しました。

この設定を行うことによって、ブログ記事のURLがどのように表示するかを指定できます。パーマリンクをシンプルな構造に設定しておくとで、SEO的にもいいです。

設定はできるだけ初期段階で行ったほうがいいのでなるべく早めに設定をしてしまいましょう!

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

PAGE TOP