HTMLの知識は必要なし!WordPressで記事を投稿する方法

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

今回はWordPressで記事を投稿する方法について解説いたします。

WordPressを使うことで、ブログ記事の投稿・更新が簡単にできます。

やり方も、一度覚えてしまえばすごく簡単です(^^)

ぜひ、ご参考にしてください!

WordPressで記事を投稿する方法。

WordPress管理画面 → 投稿 → 新規追加 or 投稿一覧 → 新規追加

記事投稿01

step1 : タイトルを入力

まずは、タイトルを入力しましょう。

ビジュアルとテキストがあるのですが、初心者の方はビジュアルがやりやすいです。HTML・CSSに詳しい方は、テキストでも問題ないかと思います。
記事投稿02

step2 : パーマリンクを設定

パーマリンクの設定をしましょう!

記事投稿03

パーマリンクは、日本語より半角英数字で設定した方がいいです。
日本語だと、外部サービス(facebookやtwitterなど)に貼り付けた場合に、意味のわからない文字列になり、わかりにくいパーマリンクになってしまいます。

ブロガーなら知っておきたい!WordPressのパーマリンクを解説

2016.06.07

の記事では、パーマリンクとは何なのか解説しています。

WordPress導入後に設定したい!SEOに最適なパーマリンクの設定

2016.06.14

の記事では、WordPress管理画面でのパーマリンクの設定方法について解説しています。

step3 : 画像を挿入

記事投稿04 記事投稿05 記事投稿06

step4 : カテゴリーを選択

カテゴリーを選択しておくことで、後にグループ化して記事を整理することができます。記事訪問者にもわかりやすいので、必ず選択しておきましょう!
記事投稿07

step5 : アイキャッチ画像を選択

次にアイキャッチ画像を選択しましょう。記事のイメージに近い画像を選択することで、記事一覧を見た時にわかりやすいです。
記事投稿08

記事投稿09 記事投稿10

step6 : 下書きとして保存

公開する前に、一度下書きとして保存後、確認をしましょう。プレビューで実際に記事がどのように表示されるのか、確認することができます!
記事投稿11

step7 : 公開をクリック

最後に公開をクリックします!
記事投稿12

記事投稿を効率化できるプラグイン

[blogcard url=”https://konohaya.com/?p=6729″] TinyMCE Advancedは、投稿画面のビジュアルエディタをより使いやすく拡張できるプラグインです。

[blogcard url=”https://konohaya.com/?p=9190″] AddQuicktagは、HTML・CSSのコードを登録しておくと、記事作成時に呼び出すことができるプラグインです。

[blogcard url=”https://konohaya.com/?p=9343″] Pixabay Imagesは、画像素材サイトPixabayから作成中の記事に画像を貼り付けることができるプラグインです。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、WordPressで記事を投稿する方法について解説しました。

これから記事を書き始めようとしている方で、

・なにを書いていいかわからない!
・ネタがない!

って方も多いかと思います。

そんな方には、下記記事のようなまとめ記事がオススメですよ(^^)

[blogcard url=”https://konohaya.com/?p=9399″]

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。