画像ファイルサイズを圧縮!サイト表示を改善するワードプレスプラグインとは

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

「サイト表示を改善したい」
「画像ファイルが増えてきたのが原因だと感じる」
「簡単に画像ファイルサイズを圧縮したい」

今回は、このような悩みを抱えている方に、WordPressのプラグイン『EWWW Image Optimizer』についてご紹介します。

EWWW Image Optimizerは、サイトの画像を圧縮して容量を軽量化できるプラグインです。

画像の圧縮とは、画像サイズはそのままでデータサイズを小さくすることです。

ご自身のサイトの画像ファイルが増えていくと、サイトの表示速度が遅くなるといった問題がでてきます。

ですが、画像のファイルサイズを圧縮し、ファイルサイズを小さくなることでサイトの表示速度を改善することができます。

EWWW Image Optimizerは、画像の圧縮に役立つプラグインなので活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • 画像アップロード時に自動で画像圧縮をしてくれる
  • 過去にアップロードした画像も一括での圧縮が可能
  • 画像の圧縮処理が早い
  • 設定画面から圧縮レベルを設定できる

インストール方法

  • WordPressダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 『EWWW Image Optimizer』で検索 → 検索結果から『EWWW Image Optimizer』をインストール
  • WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

このプラグインの設定は、すべて英語ですが解説動画・設定方法の通りに設定してみてください。

プラグインの設定

設定場所

ダッシュボード → 設定 → 『EWWW Image Optimizer』

設定方法

一般設定

『メタデータを削除』にチェックが入っていることを確認してください。

高度な設定

『無効にする pngout』 にチェックが入っていることを確認してください。

変換設定

『コンバージョンリンクを非表示』にチェックしてください。

設定が終わりましたら、必ず『変更を保存』をクリックしてください。

過去にアップロードした画像圧縮の仕方

EWWW Image Optimizerは、新規画像は自動で画像圧縮をしてくれます。
ですが、過去にアップロードした画像は以下の手順で圧縮してください。

WordPress管理画面 → メディア → 一括最適化 → 『最適化されていない画像をスキャンする』をクリックする。

次に 『最適化を開始』をクリックしますと、画像圧縮が開始します。しばらくお待ち下さい。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、『画像ファイルサイズを圧縮!サイト表示を改善するワードプレスプラグインとは』についてお伝えしました。

サイトの画像を圧縮して容量を軽量化することで、サイトの表示速度が改善します。
ユーザビリティ向上のためにも、ぜひご活用ください。

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。