お問い合わせフォームを簡単に作成できる!!WordPressプラグイン『Contact Form 7』

執筆者

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

01
今回は、WordPressのプラグイン『Contact Form 7』についてご紹介します。
『Contact Form 7』は、お問い合わせフォーム・アンケートフォーム・採用応募フォームなどさまざまなフォームが作成できるプラグインです。

フォームを自作するとなると、HTMLやPHPなどのプログラミング言語の知識が必要になります。詳しくない方からするとなかなか敷居が高いですよね。

『Contact Form 7』では、簡易的な設定でフォームの作成ができますので自身のブログにフォームを設置したい方にオススメなプラグインです。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • お問い合わせフォーム・アンケートフォーム・採用応募フォームなどさまざまなフォームが作成できる
  • 自動返信メールの設定もできる
  • 作成したショートコードを投稿ページや固定ページに設置可能

インストール方法

  • WordPressダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 『Contact Form 7』で検索 → 検索結果から『Contact Form 7』をインストール
  • WordPress.org からダウンロード

プラグインの使い方

このプラグインは設定が必要です。解説動画・設定方法を参考に設定してみてください!

解説動画

[youtube-adds id=”https://youtu.be/t1jkNQCwJOY” margin=”2%”]

プラグインの設定

設定場所

ダッシュボード → お問い合わせ → 新規追加

設定方法

cf7-01

cf7-02
お問い合わせ数が多いと、入力するのが面倒に感じさせてしまうので、題名[text your-subject]を、削除してください。

もし、追加したい項目があったら上の項目をクリックしてください。

今回は、『テキスト』をクリックして追加しました。

cf7-03

『このテキストを項目のプレースホルダーとして使用する』にチェックいれると、

プレースホルダーとは

このように、入力欄に例として表示できます。コンバージョン率に影響しますので設定しましょう。

続いて、メールの設定です。
cf7-04

cf7-05

自動返信メールとは、お問い合わせを入力してくてた方に、自動で返信してくれる機能です。これがあると、相手がちゃんとおくれたことが確認できるので安心感があります。

設定が終わりましたら必ず『保存』をクリックしてください。

最後に、作成したフォームのショートコードを表示したいページに貼り付けてくださいね。
cf7-06

まとめ

いかがでしたか?
今回は、WordPressのプラグイン『Contact Form 7』についてご紹介しました。
設定自体も慣れてしまえば簡単にできますし、フォームを作成できるようになるとWordPressでできることがより広がりますので、ぜひご活用ください。
 
 

今回の記事をお読みいただき、ありがとうございます。

もし参考になりましたら、ソーシャルメディアで共有して下さいね!!

無料Ebook:スモールビジネス必見!本当に役立つWebツール&サービス50選

Webマーケティングはツールを上手に使うことで、効率的に取り組むことができます。

このEbookでは、

・ランディングページを2時間で作れるツール
・WordPressで会員サイトを作れるツール
・キーワード選定力が10倍アップするツール

などスモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。

ぜひ、あなたのWebマーケティングの実践にお役立てください。