ウェブ集客の攻略講座−まるで教科書!ウェブで売上を確実に上げる3つの原則とマーケティング4ステップ

 
 

 「ウェブ集客の結局の正解がわからない」
「やるべきことが定まらない」
「新しい手法がありすぎて迷う」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

「かるた」の話を元に、「ウェブ集客」の基本について解説します。

自分自身も沢山ある情報の中で、何をすべきか分からず路頭に迷っていました。
そんな私の闇を晴らしてくれた考え方がありました。

「かるた」と「ウェブ集客」の共通点とは何なのでしょうか?

「かるた」で知識を定着させる。

昨年、「ちはやふる」という映画が公開されているようですよね。

こちら原作は少女漫画で
かなりの人気作だったらしいです・

私自身は読んではいないのですが
私の周りの男性の友達ですら夢中になっていました。

どちらかといえば私の場合は
「ちはやふる」のフレーズで思い浮かぶのは小倉百人一首です(笑)。

しかし、友人に小倉百人一首のことを
言っても「??」という顔をされてしまいました。

かくいう私自身も
学校で少し習ったり、本を読んだくらいですが・・

しかし、江戸時代の子供たちは
「ちはやふる~」という百人一首の歌を知っていたそうです。

知っているというより
もはや当たり前の域です。

それはなぜか。

答えは「かるた」の存在にあります。

かるた遊び自体は
平安時代からあったようです。

しかし、平安時代はかるたではなく
「貝覆い」という遊びで蛤を使用していました。

蛤の二枚の貝が、自らの対以外に
ピッタリとはまらないという特性を生かして
行われた遊びです。

そして、ポルトガルから16世紀に
正式なかるたが入ってきたのです。

江戸時代にはかるたにより
多くの教養が得られました。

中でも人気だったのが
百人一首かるた。

勉強しているという感覚ではなく
遊びながら知識が育まれていったのです。

ですから、「ちはやふる~」という
フレーズを聞くだけで、当時に人々は
後に続く歌をスラスラと言えます。

子供にすら馴染んでいるのです。

これは暗記力云々の問題ではありません。

”定着”なのです。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線攻略ウェブセミナー

少ないアクセスでウェブから売上を上げる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション

スモールビジネスのウェブ集客に必要なすべてのツールがそろえる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ランディングページ制作ウェブセミナー

ランディングページの制作方法を『実況中継』形式で解説!


【無料ウェブセミナー】
WordPressブログ制作ウェブセミナー

ワードプレスでのブログ記事の制作方法を『実況中継』形式で解説!