あなたはどう?Web集客はブログ集客しかないと思ってない?

2016年11月10日

ごきげんよう。このは屋のほんま(@homma_ya)だ。

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「ブログの更新が継続できない・・・」
「ブログがないとダメって言われたんだけど・・・」
「そもそも文章を書くのが苦手・・・」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りする。

「ビートたけしさんのCM」の話を通して、「ブログ集客に限らないWeb集客方法」について解説する。

私たちがWebに関する色々な本やセミナーで学んで、実践して、試行錯誤しながらわかったWeb集客の考え方についてである。

ビートたけしさんとWeb集客の共通点とは一体何なのだろうか?

バカやるのは時代を変えるためじゃない

「時代にてめえを変えられないためだ。」

日清カップヌードルのCMを見たことはあるだろうか?

もし、テレビで見たことがない場合は、YouTubeでも見れるので見てみてほしい。

ビートたけし 日清 cm

いくつかのバージョンがあって、ビートたけしさんや小林幸子さん、矢口真里さんなどが出演している。

メッセージ性が強いので、いろいろと物議をかもしているこのCMだが、なかなか示唆に富んでいるのだ。

中でも、ビートたけしさんのこの言葉には考えさせられた。

「バカやるのは時代を変えるためじゃない。時代にてめえを変えられないためだ。」

という言葉だ。

このメッセージのポイントは、

・変えるため

ではなく、

・変えられないため

というところにある。

仕事柄どうしても、「変えるため」のメッセージをみる機会が多い。

・日本を良くするため
・自分らしく働けるようになるため
・暮らしを豊かにするため

だいたいの企業理念的なものは、こんな感じだ。

これらのメッセージが良い悪いではなく、単純に「よく見る」ので、ビートたけしさんのCMの「変えられないため」のメッセージは斬新に感じた。

「変えるため」の視点は、もちろん大切だが、「変えられないため」の視点も大切だ。

これは、理念のような抽象的な話だけでなく、Web集客という具体的な部分でも同じく大切なのである。

Web集客はブログだけじゃない

「ブログをやらなきゃダメです」

Web集客について、本やセミナーで勉強していると何をすればいいのかわからなくならないだろうか?

・Web集客は、ブログだ!
・Web集客は、Facebookだ!
・Web集客は、リスティング広告だ!

いろいろな立場の人が、いろいろな意見を発信している。

当然だが、

・ブログ集客コンサルタントは「ブログがおすすめ」

と言うし、

・リスティング広告代行業者は「リスティング広告がおすすめ」

という。

当たり前である。

わたしもWeb関連が好きで、これまでたくさんの本やセミナーで学んできたが、学べば学ぶほど、何をやればいいのかわからなくなってしまった。

・ブログがおすすめと言われれば、ブログに
・Facebookがおすすめと言われれば、Facebookに
・リスティング広告がおすすめと言われれば、リスティング広告に

力を入れてきた。

その経験からわかったことは、答えは外側にはないということだ。実は、内側にあった。

ブログ集客コンサルタントにいわれて、ブログをやるというのは、いわば、「時代にてめえを変えられてる」わけだ。

文章を書くのが苦手な人にとって、ブログ記事を書くのは苦痛そのものである。

我慢しながらも、文章を書き続ける。

Webで集客する方法がブログしかないのであれば、これでも仕方ないが、そんなことはない。

・動画で話すことが得意なら、YouTube
・数字の分析が得意なら、リスティング広告
・人と交流するのが得意なら、SNS

いくらでもWebで集客する手段はある。

肝心なのは、外側の「誰かに言われたからやる」のではなくて、内側の「自分は何が得意で、好きなのか」を考える方が先だということだ。

その上で、「文章を書くのが好きなので、ブログをやる」と決めたなら、ブログに取り組めばいいし、コンサルタント先生に教わればいい。

この順番を逆にしてはいけないわけだ。

「変えること」も大切だが、「変えられないこと」も大切だ。

まずは、「自分は何が得意で、好きなのか」を考えてから、Web集客に取り組んでみてほしい。

まとめ

いかがだっただろうか?

今回は『あなたはどう?Web集客はブログ集客しかないと思ってない?』についてお伝えさせて頂いた。

マーケティングに取り組むにあたって、理想の顧客(ペルソナ)分析は必須だ。

響くメッセージとするためには、徹底的にその人のことを考えなければならない。

でも、自分(自社)の分析も同じく大切だ。

やはり何事も好きで取り組んでいる人にはかないわない。

Web集客に取り組むときには、ペルソナ分析はもちろん、自分(自社)分析にも取り組んでみてほしい。

ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

PAGE TOP