皆やってない!あなたのウェブコンテンツが拡散するたった1つのコツ

「選ぶ」という行為のストレスがヒント

小島はある日横浜みなとみらいのTSUTAYAにいた。

みなとみらいのTSUTAYAはスタバと併設されています。

好きな本を1冊選び、スタバでお茶しながら優雅に読書を楽しめるため、私のお気に入りの場所なのです。
http://store-tsutaya.tsite.jp/storelocator/detail/1764.html

スペースも広く、仕事をするのも良しリラックスするのも良しなので、週に2度は利用しています。

ある日、コーヒーを飲みがてら読む本を探しに、TSUTAYAエリアに散策に行きました。

いつもであれば、リアルタイムに興味のある分野の書籍を手に取るのですが、その日はなかなか決まりませんでした。

読みたい本が定まらずウロウロしていると、あるポップが目に入りました。

それには

本好きのスタッフが選ぶ今月のおすすめ書籍ピックアップ

と書かれていました。

まぁ、当然というより良くある、手垢のついた表現ではあります。

しかし現実はそのベタなポップに吸い寄せられ本をその中から選びました。

こういったことは、なにも本屋には限りませんね。レストランやカフェなどでもそうです。

初めから

「これが欲しい」
「これが食べたい」

という腹積もりがあればいいのですがそうではなく、なんとなくという日も必ずあります。

そんな時は、「選ぶ」という手間が生じますね。人は基本的に、選択肢がありすぎると選べなくなります。

松竹梅もあるとおり基本的には、3つ以上になると、選ぶストレスが生じます。

特に仕事関連の場合は。

レストランなどでよくある、シェフのおまかせに私は幾度か救われました(笑)。

「これが良いですよ」と言われれば素直に受け入れる人は多いはずです。

それは

選ぶという行為が面倒

だからです。

これは、現代のウェブでの情報発信する際にも大いに役に立つ考え方です。

情報の翻訳家になることで価値が生まれる

・本好きのスタッフが選ぶ今月のおすすめ書籍ピックアップ
・シェフのおまかせ

上記のようなものは要は、あなたの代わりに選んであげましたというメッセージです。

それに価値を感じて商品・サービスを購入するわけですね。

これは、ウェブに散在する情報をまとめる行為と似ていますね。

ウェブ集客やウェブマーケティングに関する情報を発信しているサイトは止めどなく生まれています。

そして、その記事などを見て、読者自身が判断をします。

しかし、心の底では「本当に大丈夫かな」という一抹の不安があるわけです。

それは、まだ正しい情報か否かを判断できる自信がないわけです。

特に、顕著なのがウェブツールですね。

・HP制作ツール
・ブログサービス
・メルマガ配信スタンド

等は引きも切らず出てきます。

こういったものは、自分に合わないものを使ってしまうと時間とお金の大きな損失になりかねません。

ですので、自分に合っているかの判断軸を強く意識する必要があるわけです。

選ぶのが難しい、手間だからまとめサイトや口コミサイトが流行るわけですね。

私たちも、世の中にある情報をわかりやすく翻訳することを常に意識しています。

ウェブに詳しくない人もでも自分に合っている方法でしっかり実践できる。

本当に実用的なものだけ、情報として発信したりノウハウとして体系化すれば、情報の格差もなくなりますし
すぐに実践できるようになります。

ぜひ、お客様に翻訳をしてあげるようなイメージで情報発信やサービス提供を行ってみてください。

「わかりやすい」は大きな価値ですよね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「情報の翻訳で「選ぶ」ストレスを軽減する」についてお伝えさせて頂きました。

池上彰さんも、わかりやすさが定評であそこまでの人物になりました。

池上彰さんには私が小学生時代の「週刊こどもニュース」からお世話になっております(笑)

わかりやすいと、一気に信頼も増しますし実践スピードもあがりまよね(^^)



この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション


ウェブ集客の流れ(導線)を解説。

パソコン画面でわかりやすく説明。

動画は3分のダイジェスト映像です。

全編動画は以下より。

メールアドレスを入力して送信。