最初の面倒くさいを乗り越えるだけ!パソコン業務がたった1つのことで楽になる。

2016年8月4日

トヨタの生産性向上哲学「カイゼン」

こんにちは。このは屋意匠の野沢(@nozawa_ya )です。

[wc_row][wc_column size=”one-fourth” position=”first”]
[/wc_column][wc_column size=”three-fourth” position=”last”]
野沢屋(このは屋意匠)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

[/wc_column][/wc_row]

・アクア
・ヴェルファイア
・ヴォクシー
・クラウン…etc

これら有名自動車を販売しているメーカといえば世界最大手のトヨタですね。

トヨタには、生産性向上哲学「カイゼン」という哲学があります。

カイゼンとは、単に改善を行うものではなく、コンスタントに改善を続けること、より良い方法を目指して努力することだそうです。

そして、このカイゼンの原則の中に、徹底的な無駄の排除があります。

自分の作業の中で無駄な作業・動きなどをあぶりだしそれを排除していくという考え方ですね。

私自身、3年間ほど工場で働いていたので、このカイゼンは会社の方針で毎月行っていました。


・部品は必ず一歩も動かず、または少ない歩数で取れる位置に配置するように工夫
・効率のいい作業手順の見直し
・使いやすい道具があったら、使える予算の中で購入してそっちを使う
・自動化できる作業は機械を利用して自動化..etc


正直、これら一つ一つの作業の改善は数秒の速さでしか効率化されません。

ですが、毎月行っていたので小さな効率化が積み重なり、一つの製品を10分かかっていた作業が、5分・4分と効率化ができるようになりました。
まさに、塵も積もれば山となるですね。

この考え方は私自身、職種の変わった今でも役立っています。

なぜなら・・・

無駄の排除で、パソコン作業を快適に。

・パソコン
・アプリ
・プラウザ
・各OS系ソフト

これらに共通することの一つに、ショートカットキーが存在しますね。

これを利用しない手はありません。

パソコン操作の際に、マウスに手を伸ばし右クリックして一覧からコピーを選択。

これって、操作にいくら慣れていたとしても無駄が多い操作ですよね。

ショートカットキーでは、一瞬でしかもマウスを使わずにコピーすることが可能です。

基本操作だけでなく、仕事によく使うブラウザのタブ移動・タブの削除・タブの新規追加など、ほとんどマウスを使うことなく操作が可能になるんです。

正直私自身、ショートカットキーを覚えるのが面倒でないがしろにしてました。

ですが、一度覚えてしまうと目に見えて作業が早く楽になるので、今では一度やった作業のショートカットキーを調べるクセずけをしているほどです。

このショートカットキーを調べるという作業自体が面倒ですが、返って作業が楽に快適になります。

一つ一つは、確かに数秒の違いでしかないです。

ですが、その小さな積み重ねにより作業全体が効率化されるように感じます。

これはカイゼンの一例にすぎませんが、皆さんも作業のカイゼンを行って、無駄の排除をしてみてくださね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

今回は「トヨタのカイゼンから学ぶ、無駄の排除。」ということについてお伝えさせて頂きました。

ご自身がやり慣れた方法で業務をこなすのも楽かもしれませんが、たまにはカイゼンをしてみるのも新鮮な気持ちになります。

しかも、作業も早くなるので返って楽ができるかもしれないですよ(^^)

ちなみに、このは屋の記事ではショートカットキーについてのまとめ記事があります。

[kanren postid=”8528″]

[kanren postid=”8413″]

ご参考までに!

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

PAGE TOP