面白くない?一発屋芸人のリズムネタから学ぶブログでの情報発信法

リズムネタは面白くない?

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「ラッスンゴレライ」
「ダンソン」
「あたりまえ体操」

お笑い好きならもちろんのこと、そうでない人でも、これらのフレーズは聞いたことがあると思う。

そう、これまでにブレイクしたお笑い芸人のリズムネタだ。

それぞれ、

・ラッスンゴレライ=8.6秒バズーカー
・ダンソン=バンビーノ
・あたりまえ体操=COWCOW(カウカウ)

のネタである。

もしかすると、コンビ名よりもネタで名前を覚えているかもしれない。

テレビによく出てくるお笑い芸人のネタのジャンルとしては、

1.漫才
2.コント
3.リズムネタ

の大きく3つがある。

人によっても違うのだろうが、おおむね上記の順番でネタの格式が決まってくる。

簡単に言ってしまえば、

「漫才をやるのが一番エラくて、リズムネタはあまりエラくない」

ということである。

これは、演者であるお笑い芸人だけでなく一般の視聴者にも共通の認識である。

理由の一つは、

「リズムネタ芸人のほとんどが一発屋」

ということがある。

リズムネタは、ブレイクがしやすい反面人気がなくなるのもすごく早いのだ。

こうしたことから、リズムネタというのはよく批判を受ける。

一発屋以外にも、ヤフーやグーグルで検索窓に「リズムネタ」と入力すると、「嫌い」という言葉が一緒に検索されている。

でも、このリズムネタ。

そんなにダメなものだろうか?

リズムネタはわかりやすい

「あまり考えたくない」

リズムネタのいいところは、頭を使わなくていいところだ。

なんだかよくわからないけど、おもしろい。

漫才やコントというのは、ネタを作る芸人はもちろん視聴者もある程度の頭を使う必要がある。

背景や前提知識がないと、芸人がおかしなことを表現しても、それをおかしいと感じることができない。

いわゆる「緊張と緩和」が生まれないからだ。

緊張というのは、知識や経験がなければ生まれづらいことは大人のあなたならご存知の通りである。

緊張がなければ、緩和も当然生まれない。つまり、笑いが起きない。

これが、漫才やコントの難しさだろう。

その点、リズムネタは頭を使う必要がない。背景や前提知識が必要ない。

つまり、漫才やコントよりも「わかりやすい」ということである。

だから、ハマったときには一気にブレイクするのだ。「わからない」という壁にぶち当たることがないわけだから。

リズムネタを足がかりにするのはとても有効なわけである。問題は、その後である。

多くのリズムネタ芸人が一発屋になってしまうのはリズムネタ自体が原因ではない。

トークやコメントができないなど、ネタ以外の部分が圧倒的に弱いことが原因である。

せっかく「ひな壇」に抜擢されたのに、おもしろいことが言えないのであれば継続的に番組に呼ばれるはずもない。

だから、ネタ「一発」で終わってしまうわけだ。

つまり、「ネタとトーク」の両方が合わさって、はじめて一人前の芸人になるわけである。

これは、ブログをはじめとした情報発信でも同じことがいる。

漫画や会話はわかりやすい

「わかりやすい方がいい」

このことはお笑いだけでなく、本や雑誌などの情報収集でも同じことである。

もちろん、ブログ記事も同じだ。

最近、漫画形式で学ぶビジネス本や会話形式のブログ記事が流行していることからも明らかだろう。

つまり、今の時代は「わかりやすさ」がどのジャンルでも求められているわけだ。

リズムネタに学ぶのであれば、ブログ記事も、文字だけで表現するのではなく漫画や会話形式を取り入れるのが有効となる。

文字だけだと、読者に背景や前提知識がないと読み進められないかもしれないからだ。

・文字だけ=漫才やコント
・漫画や会話=リズムネタ

というわけだ。

もちろん、リズムネタ芸人がネタだけでなく、トークやコメント力が必要なように、ブログ記事もただ漫画や会話形式にすればいいわけではない。

内容が的確なものであったり、文章が役に立つものである必要がある。

つまり、芸人がそうであるように、「本物」である必要がある。

でも、ブレイクの足がかりとしてはリズムネタと同じように漫画や会話形式の記事もとても有効である。

あなたのブログ記事は、漫才やコントだけになっていないだろうか?

たまには、リズムネタのようなわかりやすいものも混ぜてみよう。

まとめ

今回は「面白くない?一発屋芸人のリズムネタから学ぶブログでの情報発信法」についてお伝えさせて頂いた。

リズムネタを批判する気持ちもわかるが、新しいものは受け入れる又は活用する方が得策ではないだろうか。

リズムネタが流行しているということは、それが受け入れられやすいということである。

自らがお笑い芸人ならいざ知らず、そうでないなら、やるかやらないかは考えずに「サッサと取り入れる」が賢い選択だろう。

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。