意外と簡単!Photoshopで編集したPDFのサイズを小さくする方法

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

今回は、Photoshopで作成したPDFファイルを軽くする方法についてご紹介いたします。Photoshopで作成したデザインをPDF形式のファイルにして、お客様や社内で共有することも多いはずです。

私は、Photoshopでチラシなどをデザインすることが多いのですが、PDFファイルにすると非常に重たくなってしまいます。

これだと、開くだけでも時間がかかりイライラしますし、メールやクラウド共有するにしても時間がかかり、結構やっかいですよね。

今回ご紹介する方法は、すぐにできてとても簡単ですので、ぜひおなじ理由でお困りの方はご参考にしてください!

Photoshopで作成したPDFファイルを軽くする方法

PDFファイルを軽くする前

01
こちらがPDFファイルを軽くする前です。13.2MBもあるので、ファイルを開くだけでも一苦労です(^^;)

保存する前の設定を変えるだけで、PDFファイルが軽くなる

02

まずは、軽くしたいPDFファイルを開いて、別名で保存をクリックしてください。

必要ないオプション(レイヤー、カラープロファイルの埋め込みなど)のチャックをはずします。

実は、これだけでも質は維持したままファイルサイズが軽くなります。

質にこだわらない場合は、さらに軽く

03

うちは白黒印刷だから質にはこだわらないって時は、さらに軽くします。

Adobe PDFプリセットを『最小ファイルサイズ』にして、こちらも必要ないオプションのチェックをはずしましょう!

04

ファイルサイズを確認してみると、823KBに!
かなり軽くなりました。

これで開くときも軽くなり、メールで送る場合もスムーズに送れますね(^^)

まとめ

いかがでしたか?
今回は、「意外と簡単!Photoshopで編集したPDFのサイズを小さくする方法」についてご紹介しました。

印刷時の質にこだわる場合は、サイズをあまり落とさない方がいいですが、質にこだわらない場合は軽くしておくに越したことはありません。

ぜひ、ご参考にしてみてください。

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。