Web集客の新常識!ランディングページの制作時間が1/10に?

リアルな話をしますね。

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「LP早く作らなきゃな〜」

ワークショップをやっていると、こんな声をよく聞きます。

・ブログを書く
・メルマガを配信する
・Facebook広告を出稿する
・リスティング広告を出稿する

ということは、Web集客を行っている方であればよく考えることですよね。

何の手法を試そうと自由なわけですが、1つだけ決めておかなければならないことがあります。

電車にも目的地の終点は1つです。
ゲームをするにも、ゴールに辿り着くことでクリアできます。

好きな異性を口説くときも、ゴールは1つですよね?
(男性の方!ニヤニヤしない!笑)

何事もゴールは重要です。

特にWebで集客していくにもゴールとなる終着点は必須になります。

それが、ランディングページ(LP)ということですね。

ですから、ランディングページを用意していないとブログもYoutubeもメルマガも意味をなしてこないわけです。

商談の際にも、最終的にはサービスに関する詳細資料を提示します。

しかし、このサービスの詳細資料がなければ購入する判断材料がありませんから、成約には至りづらくなります。

せっかくメールアドレスリストを構築しても、商品・サービスを案内できるページがなければ売上には繋がりませんよね。

でも、この肝心なランディングページが用意できない人が案外多いんです。

ここでは、ワークショップを多数開催してきた経験からランディングページが用意できない1つの理由についてお伝えします。

それは・・・

”コピーライティング”にこだわっているということです。

これは初心者の方ほど多いですね。

実は、スモールビジネス経営者にはコピーライティングスキルは必要ないんです。

コピーライティングというとPASANA、AIDA、QUESTといったテンプレートがありますよね。

もちろん、そいうったテンプレートを活用するのもアリだと思います。
テンプレート自体はすごくいいアイディアですしね。

でも・・・

きちんと活用できますか(笑)?

私は無理でした(泣)。

様々な本や講座で勉強はしたのですが無理だったんです。

問題提起や解決策の提示と言われても実際に考えるとなると一筋縄では行かないんです。

英語で文法や熟語(イディオム)なんかを学んでも、いざという時に会話で使えないと苦しんだ経験を思い出してしまいました。

要するに、実践で使えないと結局は知識として溜まっていってしまうだけなんですね。

しかしこんな状況を、あるコツだけで乗り切ることができました。

「ライティング」よりも「モデリング」

「このLP綺麗だな〜」「このLP参考になる」

と思うことってありますよね。

日々Facebookやブログに触れていればランディングページを見る機会は多いと思います。

そして中には、思わずクリックして申し込んでしまったなんて経験のある方も多いかと思います。

実はそんな日常に大きなヒントが隠れているんです。

「ん?日頃見るランディングページがヒント?」とまだ腑に落ちない方もいるかと思います。

つまり、自分が良いと判断したランディングページを参考にして真似て作ってみてくださいということです。

学ぶの語源は「まねぶ」と言われていますよね。
やり方を身につけるには、やはり真似をした方が圧倒的に効率的なんです。

0から全てを考えようとすると、必ず頓挫します。
新たな知識を得る度にモチベーションはあがりますが、同じ轍を踏むことは結構多かったりします。

であれば、既にある優れたモデルを探してそれを自分の商売にカスタマイズすればかなりのショートカットになりますよね。

自分が一人のユーザーとして「これは良い」と判断したランディングページをぜひ保存して下さい。

そして、そのランディングページの構成やデザインを真似て、まずは作ってみるんです。

当然商品・サービスの名称は変わりますから、全く同じにはなりませんよね。
この方法を使えば、ランディングページ制作に要する時間が圧倒的に削減します。

完全ではなくとも、告知できるランディングページが一応整うので案内は開始できます。

そしてその反応を参考にして、修正を繰り返していけば良いのです。

ランディングページに必要のスキルは実は「ライティング」ではなく「モデリング」のスキルなんですね。

ぜひ。自分にとってモデルとなるランディングページを集めて見て下さい。

このやり方、本当に強力です(^^)

まとめ

いかがでしたか?

今回は「Web集客の新常識!ランディングページの制作時間が1/10に?」についてお伝えさせて頂きました。

いくら真似をすることが大切と言っても

●モデルとなるランディングページの探し方がわからない
●判断基準がわからないよ

という方もいるかと思います。

そんな方はぜひ、こちらをご確認下さい。

LP×ウェブセールスコピー習得プログラム

こちらでは、これまで私たちこのは屋が見てきた数々のランディングページ中で優れた部分だけを集めて作り上げたテンプレートを公開しています。

自分で調査するのが手間だという方は、ぜひご活用下さい。

「ランディングページ制作」と「ウェブセールスコピー」を同時に学べますよ(^^)

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。