ブログの書き方 – 現代のオタクから学ぶ!一人十色時代のコンテンツ作成とは

2016年6月16日

こんにちは。このは屋ののざわ(@nozawa_ya )です。

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。


「多様化した時代にものを売るのはきびしいと感じている」

「商品の質をあげてもなかなか売れないと感じる」
「動画に苦手意識を感じている為、できるだけ避けたい」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

私が現代のオタクから感じたことから、多様化した時代にものを売るための工夫について解説いたします。

現代は多種多様な趣味をお持ちの方が多いですね。人ひとりの考え方も多様化しています。

便利な世の中になり、ものが溢れているからだと感じます。

そんな、一人十色時代ではどうしたらものが売れやすいか、私なりの個人的な見解なんですが解説いたします。

では、さっそく内容に入りますね(^^)

変化しつつあるオタクの定義

「一昔のオタクといえば…」

一昔前のオタクといえば、アニメ・ゲーム・マンガ一筋でした。

私が中学校の頃に一世を風靡した「電車男」のようなイメージですね。

最初に言っておくと、決してオタクをバカにして今回の内容を書いているわけではございません。

なにか一つのことに打ち込めることは才能だと感じます。

ちなみに、私もアニメは大好きです(^^)

さて、昨今のオタクといえば一場面としてのオタクが増えてきている傾向にあるように思います。

例えば、趣味でバンド活動やスポーツをしながらも、一場面としてアニメオタク・アイドルオタクな方がいたりしますね。

そういえば先日、俳優の山田孝之さんがテレビに出演されていたときに、普段の私生活ことを語っていました。

山田さんは、大のアイドル好きでアイドルのライブにも頻繁に行くそうです。

ですが、アイドルではなく、音楽が好きでバンドのフェスに行くことも多そうです。

こういった傾向の方が増えているように感じますね。実際、身近にも多いです。

このような一面からも、現代はこれから一人十色の時代になりつつあるように感じます。

一人十色の時代とは?

後半で詳しく解説いたしますね(^^)

十人一色 → 一人十色の時代へ

「あなたも欲しいものはなんですか?」

このような質問を投げかけられた時に、昔は「戦後の三種の神器」のように、ある程度欲しいものが決まっていたことでしょう。

多くの人が冷蔵庫やテレビ、洗濯機を欲しがったわけですね。

しかし、現代は一人十色の時代と言われています。

個人が色々な考え方をし、一人ひとりのライフスタイルに様々なものが混合しているように感じます。

「●●もいいけど、××も好き、それと▲▲にも興味がある」となるわけですね。

いいことなんですけど、固定観念がなくなってきています。

こんな一人の趣味嗜好が多様化した今の時代で商品を売るのは容易ではありませんよね(^^;)

なぜなら、個人が多様化しすぎて欲しいものが特に決まっていないといったことがありえます。

それを防ぐには、

・「なんとなくいい」
・「なんか好き」

といった価値観を伝えることが必要になります。

商品・サービスの質だけ上げてもなかなか選んでもらえないのは、もう実感している方も多いかと思います。

しっかりお客様に選んでもらうには、商品・サービスともに価値観を伝えることが重要なのです。

価値観を伝えるということは決して難しいことではありません。

あなたのキャラや思いの部分を伝えるようにしてください。

オススメの方法は、価値観が伝わるコンテンツを作ることです。

例えばご自身の価値観を伝えるために、あなたの事業に対する思いを簡単にカメラに向かって話して動画にしてみるとかです。

とはいえ、動画に対しハードルが高いと感じる方も多いですよね。

私も動画が苦手です(笑)

苦手なものを毎日こなすのは、継続しにくいものです。

なので、自分のキャラクター・価値観を伝える手段としてブログをオススメいたします。

ブログで、日常のエピソードやご自身の考え方・価値観を文章で伝えることができます。

文章ならあまりハードルを感じず、しかも書けば書くほど上達を実感できるものですよ。

専門的な内容のブログにでも、冒頭でご自身のプロフィール写真と簡単な自己紹介をし、書き出しでご自身の人となりを伝えることができますね。

どうぞ、皆さんもご自身の価値観を伝えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、『ブログの書き方-現代のオタクから学ぶ!一人十色時代のコンテンツ作成とは』についてお伝えしました。

前半では、オタクについて書きましましたが、私もマンガやアニメ、アイドルが好きなのでオタクですね(^^)

幼少のころから、マンガが大好きで一日中ずっと読んでいましたね。アニメも大好きなので、未だによく観ることが多いです。

これからも日本の文化であるマンガやアニメに触れていきたいです(^^)

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

PAGE TOP