三田紀房のマネーの拳から学ぶ!Web集客にも結びつく商売の鉄則

三田紀房はドラゴン桜だけじゃない

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「バカとブスこそ東大へ行け!」

ドラマにもなった受験マンガ「ドラゴン桜」の有名なセリフである。

阿部寛が歯切れよくこのセリフを言ってたのを覚えている人も多いんじゃないだろうか。

ドラマは2005年に放映された。もう10年以上も経つ。

このドラゴン桜、原作者は三田紀房という方。

ドラマがヒットしたことで、三田さんといえばドラゴン桜か家政婦かといったところなのだが、実は三田紀房はドラゴン桜だけじゃない。

・就職活動がテーマの「銀のアンカー」
・高校野球がテーマの「砂の栄冠」
・転職活動がテーマの「エンゼルバンク」

などドラゴン桜以外にも面白いマンガを多数書いている。

中でも私が好きなのが、

・会社経営がテーマの「マネーの拳」

だ。

マネーの拳は、元プロボクサーの主人公がホームレスを雇って、アパレル会社を経営していくという物語だ。

コンセプト抜群!ストーリー秀逸!で純粋にマンガとしても面白いのだが、内容が非常に示唆に富んでいて、勉強になるのだ。

試しにGoogleで「マネーの拳 名言」などと検索をしてみてほしい。

眉唾と感じる向きもあるかもしれないが、「なかなか本質をついてるな〜」と感じるかと思う。

その中の1つに、こんなセリフがある。

「近所で一番、この街で一番、地域で一番が商売の鉄則」

少しだけかいつまんで説明しよう。

1.主人公の会社が海外進出
2.まずは中国へ進出するも株主が反対
3.北米やヨーロッパでブランドを築くべきとの批判を受ける

たった三行の説明だが、この流れがあっての前述のセリフである。

つまり、

・株主:北米・ヨーロッパ→中国進出
・主人公:中国→北米・ヨーロッパ進出

と考えたわけだ。

なかなか判断の難しそうなところだが、主人公の考えはブレなかった。

「近所で一番、この街で一番、地域で一番が商売の鉄則」

ということを先人たちの知恵や経験から学んでいたからである。

近所にマーケットがあるのに、手を広げて限りある資源を分散させてしまうのは「愚の骨頂」と考えたわけだ。

まずは、「近所で一番」になる。そのあとにマーケットを広げていく。

この商売の鉄則は、Web集客にも当てはまる。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


スモールビジネスの
『ネット集客7大ツール』攻略セミナー


5月26日(金)14:30~17:00 @品川
5月30日(火)14:30~17:00 @品川
6月3日(土)14:30~17:00 @品川
6月16日(金)14:30~17:00 @品川
6月23日(金)14:30~17:00 @品川

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線攻略ウェブセミナー

少ないアクセスでウェブから売上を上げる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション

スモールビジネスのウェブ集客に必要なすべてのツールがそろえる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ランディングページ制作ウェブセミナー

ランディングページの制作方法を『実況中継』形式で解説!


【無料ウェブセミナー】
WordPressブログ制作ウェブセミナー

ワードプレスでのブログ記事の制作方法を『実況中継』形式で解説!