差別化の方法と付加価値のつけ方− 質にこだわるのは時代錯誤!お客様に選んでもらえる簡単なコツ

このは屋
おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「商品での差別化が難しい・・・」
「いまいち強みやUSPがお客様に伝わらない・・・」
「ありきたりな訴求になってしまう・・・」

今回はこのような悩みをお持ちの方に向けて書きました。

特にコモディティ化した商品の場合は、差別化をするのは容易ではありませんよね。
私も、そういった「見せ方」には人一倍苦労してきました。

突破口となったのが、親しみやすさをみせてくということでした。

落語の話を元に、今回は競合と差別化する方法について解説していきます。

江戸時代はゆとり時代

「チャンチキチン」
「スケテンテン」

と飴玉を売り歩く若者がいます。

これは落語『孝行糖』にでてくる与太郎という若者です。
(私は落語を大学生の時から、たしなむ程度に聞いていました笑)

この与太郎という人間は現代でいえば、いわゆる社会になじめない人間でした。

言い換えれば

・厳しい管理社会についていけない
・本音で生きる人

という若者でした。

与太郎は何も働くことができないため

なんと、親孝行を仕事としていました。。。

いまであれば考え難い話ですよね。

しかし、その親孝行の姿が村で認められ、ご褒美としてお金をもらったんです。

そうすると、当時与太郎が暮らしていた長屋の主が、そのお金を元手に新しい商売をさせて自立させようとしたのです。

しかし、与太郎という人間は、あまり人に理解されない特徴を持つことに加えて一般的な仕事ができない、常識的な言動ができない若者でした。

こういう人は現代社会ではどうしても煙たがられます。

しかし、江戸時代は違いました。

その与太郎でもできる仕事はないかと、村の人たちは知恵を絞りました。

そこで、与太郎に勧めたのが飴売りの仕事でした。

親孝行のご褒美としていただいたお金を元手に飴の売り歩きの商売をはじめました。

「チャンチキチン」
「スケテンテン」

という歌を口ずさみながら飴を売り歩いたのです。

するとどうでしょう。

与太郎の売る飴は見る見るうちに売れていき、与太郎はすぐさま飴売りととして知れ渡るようになりました。

与太郎は商売について学んだのでしょうか?

いえ、与太郎は前述の通り働いた経験は皆無でした。

ではなぜ、与太郎は村中で評判になる飴売りになることができたのでしょうか。

それは



親しみやすさです。

与太郎には傑出した商才があったわけでは、ありませんでした。しかし、彼には天性の明るさがあったのです。

笑顔で歌いながら、決して売り込むわけではなく人間味と歌という芸を表現していたのです。

与太郎は自分悪いところには目を向けません。

自分の境遇や能力を、人と比べて劣等感を抱いたり、憂鬱になって閉じこもったりしませんでした。

前向きに働いているのです。

それを周りの人たちは支えるわけです。

飴の種類や味はもはや関係ありません。与太郎が売っているから買うのです。

これって、現代の商売でも通ずるところがありませんか?

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


スモールビジネスの
『ネット集客7大ツール』攻略セミナー


6月14日(水)14:30~17:00 @品川
6月15日(木)14:30~17:00@オンライン
6月16日(金)14:30~17:00 @品川
6月17日(土)14:30~17:00@オンライン
6月18日(日)14:30~17:00 @品川
6月23日(金)14:30~17:00 @品川
6月24日(土)14:30~17:00@オンライン
6月29日(木)14:30~17:00 @品川

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線攻略ウェブセミナー

少ないアクセスでウェブから売上を上げる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション

スモールビジネスのウェブ集客に必要なすべてのツールがそろえる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ランディングページ制作ウェブセミナー

ランディングページの制作方法を『実況中継』形式で解説!


【無料ウェブセミナー】
WordPressブログ制作ウェブセミナー

ワードプレスでのブログ記事の制作方法を『実況中継』形式で解説!