アクセスアップは「深さ」にあり!SEOに頼らないブログの攻略法

おじま はやと(お兄さん) このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「ブログ懸命に書いているけど、成果に結びついていないな〜」
「ブログにアクセスを集めるのって難しいな〜」
「アクセスアップの簡単な方法はないの?」

お笑い芸人や歌手の話を通して、スモールビジネスのためのブログの活用方法について解説します。

実際私も、ブログのアクセス集めには四苦八苦しました(笑)

しかし、スモールビジネスにはアクセスよりも大切なものがあることに気づきました。

お笑い芸人や歌手と私たちスモールビジネスの共通点とは何なのでしょうか?

「もっと知りたいな〜」というニーズに応える重要性。

「もっとこの歌手の歌聞いてみたい」
「もっとこの芸人のネタみたいな〜」

なんて思ったことありませんか?

私はカフェで作業をしているときにふいにかかるBGMを気に入ってしまうことが多いです。

何気なくテレビを見ていると、自分の笑いのツボにあう芸人が登場してその芸人をYoutubeで検索してしまうことも茶飯事です。

ある歌手が歌番組で1曲歌を披露して、それが自分の琴線に触れればその歌手をApple MusicやGoogle Musicで検索してしまいます。

このような小さな気付きから、のめりこみ、ファンになっていくんですね。

私の経験として、ある歌手が気になると、その歌手の

・Youtube
・Twitter
・Facebook
・Instagram
・Pinterest
・ブログ

などをストーカーのように見つけ出し、フォローします。

自分が好きになった歌手に関する情報は、取りこぼしたくないんですね。

そして、好きな歌手の知る人ぞ知る情報に辿りくことができた際には、詠歎しましたね(笑)。

しかし一方で

自分の気になった歌手や芸人が

Youtubeの動画数も少なく、Twitterアカウントも持っていないInstagramもやっていない・・・

となると、憮然としてしまいます。

「もっと知りたいのに〜」という強固な好奇心にかられてしまうんです。

歌手や芸人にとって

この、「知りたいけど知れない」という状態は大きな機会損失ですよね。

例えWeb上でも、自分のことを好きな人とは接触できたり、交流できたりできる場所は必要です。

直接的なコンタクトが取れずとも、情報は受け取れるという状態をファンは望んでいるんですね。

ビックネームの大御所の歌手や芸人であれば、その必要はありません。
他の人が勝手にやってくれるので。

しかし規模が小さいうちは、しっかり自分たちで、ファンとの接触を保たなければなりません。
そして、情報も定期的に更新するべきだと思うんです。

「もっと知りたい」と思った人はとことんその歌手や芸人さんのことを知れる、という状態にしてあげればいいんですね。

そうすれば、莫大なファンを作らなくても十分に活動していけるはずです。

実はこの話、スモールビジネスの方がブログに取り組む際に共通する考え方なんです。

アクセスアップの秘訣は「深さ」にあり。

「新規客よりもリピート重視」

これは、マーケティング業界では通底して言われていますね。

やずやさんのマーケティング戦略も、リピートに眼目を置いています。

先程の歌手や芸人も、活動を続けていくためにはリピーターの存在が不可欠です。
新規客は偶然で来てくれることが多いので、リピート率向上は欠かせません。

リピーターはゆくゆくはファンになってくれれば理想的ですね。
根強いファンがいれば、新規重視思考からは解放されますからね。

そして、これはスモールビジネスでブログを活用する際でも同様です。

ブログと言えば、なんでしょうか?

「おいおい、小島何言ってんだ、当たり前だろ
・SEO強化して
・検索上位にして
・アクセスをガンガン集める

これがブログの鉄則だろうが、この野郎、おい、聞いてんのか!」

(こんなガラの悪いお客さんはいませんがwww)

でも、上のように思っている方は多いですよね。
もちろん、アクセスも大切ではあると思います。
しかし、スモールビジネスにはアクセスはさほど必要ありません。

というより、アクセス集めは困難です。

アクセス至上主義に陥ると、どこかの事件にみたいになりますからね・・・・(笑)

スモールビジネスの場合、もっと現実的で確実な方法があります。

それは

広さではなく深さの考え方です。

広さというのは、SEOでどんどん露出してアクセスを集めるという考え方。

深さというのは、一度ブログに訪れた人により深く知ってもらってリピーターになってもらう考え方。

ここまでの内容をお読みの方であれば、どちらを優先すべきかは自明かと思います。

アクセス集めの競争を行っていると、キュレーションメディアには勝てません。
さらに大手が多大な広告費をかけているメディアには勝てません。

であれば、勝負の土俵をずらします。

少ない読者を確実にファンにする仕組みがあればいいんです。

アクセス数となると、多くの人は

100人いれば100人がユニークユーザー

つまり100人全員違う読者という考え方をします。

これでは、結局はSEOの話に本卦還りですね。。。

そうではなく、100人中ユニークユーザーは20人でもいいんです。
20人が繰り返し見てくれている、これで十分です。

20人の人にリピーターになってもらえばいいんです。

そして、もっと知りたいとなった時に、次の場所も用意してげましょう。
スモールビジネスでおすすめは以下のような導線です。

1.ブログを記事を読む
2.Twitterでシェア、リツイートする
3.Facebookでシェア、いいねする
4.メルマガ登録をする
5.RSS登録をする
6.Instagramでフォローする
7.Youtubeで動画を観てもらう

上記の流れの中で、再度ブログに戻ってくるんです。特に、5.RSSに登録するは大切です。

RSSとは、登録を行えば、ブログを更新する度に読者に通知してくれます。
これは習慣化に繋がるんですね。
ぜひ、この7つの打ち手を参考にしてみて下さいね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

今回は『アクセスアップは「深さ」にあり!SEOに頼らないブログの攻略法』についてお伝えさせて頂きました。

ブログを読むことを習慣化してもらうことが一番の近道です。

SEOに四苦八苦するよりも、深く知ってもらえる努力をするほうが時代に則していると思います。

この記事への反響



この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション


ウェブ集客の流れ(導線)を解説。

パソコン画面でわかりやすく説明。

動画は3分のダイジェスト映像です。

全編動画は以下より。

メールアドレスを入力して送信。