ウェブ集客の手っ取り早い攻略方法- ヒントはカンニング?成約率100%のとっておきの秘策

「ウェブからお客さんが来ないな〜」
「一生懸命コピーを書いたのに成果がでない」
「ランディングページの成果がいまいち感じられない」

今回はこのような悩みをお持ちの方に向けて書きました。

「視力検査」の話をもとに、「ウェブマーケティングでのポイント」について解説しました。

念入りにコピーライティングを行ったランディングページ。

蓋を開けてみると、「全然集客集客できていない」ということがあります。

でも、これよくある話です。

しかし、あるコツを知るだけでウェブ集客で成果を出すことはとても容易になります。

そのコツについて、今回お話しします。

正解するべくして正解する

「右上?左下?あっ上だ!」

手に、チゲ鍋を食べる匙のようなものを持ち片目にかざし、アルファベットのCの文字の方向を当てる検査といえば、皆さん一度は経験したことがある、視力検査です。

私小島は学生時代視力検査になると、なぜか負けず嫌いが邪魔をしいつも、ズルをしていました(笑)

本当の視力が測定できないので、意味が無いのですがなぜか、クイズに不正解になるのがとても気持ちが悪かったのです。

私が学生時代の視力検査は、先生が検査器を操作し、出てきたCのようなマークの方向を答える形式です。

Cのようなマークの向いている方向性を、指で示し、先生に向けて答えます。その正解数で視力が測られるわけです。

これを、私はズルしていました。

以下が私のとった作戦です。

視力の限界で見えないレベルまで行った途端首を傾げながら、ゆっくりと指を動かし始めます。この時点で、私の目はもうCのマークを見ていません。

では、どこを見ているのか。

そうです、先生の表情を見ています。

私は、ゆっくりと指を動かし、はっきりとした答えを示さないまま指をいくつかの方向に動かします。

間違った方向に指がいくと、先生の表情は微かに険しくなります。

そこで、私は

「あっ、てことはこっちだな?」

と見越して、指の方向性を決定します。すると、結果は全問正解だったのです。

大人になると、相手は人ではなく機械になってしまったので、もうズルはできなくなってしまいましたが・・・

視力検査は大抵の場合、答えは2、3択まで絞られます。ですので、方向は2、3通り答えればある程度の確率で正解できるわけです。

学生時代の私は、指をあやふやに動かし、先生の表情を観察し不正解の選択肢を潰したのです。

そうすれば、当然ですが正解しますよね(笑)

正解するべくして、正解したわけですね。

この話って、商売におけるマーケティングでも共通する大切な話だと思うんです。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線攻略ウェブセミナー

少ないアクセスでウェブから売上を上げる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション

スモールビジネスのウェブ集客に必要なすべてのツールがそろえる方法がわかる!


【無料ウェブセミナー】
ランディングページ制作ウェブセミナー

ランディングページの制作方法を『実況中継』形式で解説!


【無料ウェブセミナー】
WordPressブログ制作ウェブセミナー

ワードプレスでのブログ記事の制作方法を『実況中継』形式で解説!