文章力なんて必要ない!メルマガを配信し続けるたった1つの秘訣

2016年8月31日

『マサチューセッツ工科大学』(MIT)とは?

ごきげんよう。このは屋のほんま(@homma_ya)だ。

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「子供を入学させるなら、MITだ。」

これは、かの有名なトーマス・エジソンの言葉である。

MITとはアメリカの超エリートが通う「マサチューセッツ工科大学」の略称だ。

ハーバードやケンブリッジと並ぶ世界で最も有名な大学の一つ。

今回、ご紹介するメソッドはこのMITと同じ名前である。

その名も、「Most Important Tasks(最も重要なタスク)」メソッド。略して、「MIT」メソッドだ。

このメソッドを一言でいうと、

「継続力」いらずで、「継続」することができるメソッド

だ。

その名の通り、他の雑多なタスクに惑わされることなく「最も重要なタスク」に集中して取り組むメソッドである。

単純だ。

でも、このメソッドを使えば、「継続力」が必要なものをきちんと継続することができるようになる。

たとえば、メルマガのようなものを。

なぜメルマガを継続できないのか?

「優先順位が低いから。」

小難しい理論や理屈を抜きにすればこの一言に尽きる。

メルマガを書かなくても、お客さんと電話したり、請求書を発行したりはしているはずだ。

いろいろなタスクがある中で、それらのタスクを行っているということは優先順位が高いからだ。

でも、メルマガを書く時間はない。

要するに、メルマガが続かない理由は、

・文章力がないから、でも
・インプットが足りないから、でも
・短い時間で文章を書けないから、でも

ない。単純に、

「優先順位が低いから。」

だ。

優先順位をそのままスライドしてやろうとすると「時間を短くする」という選択肢しかない。

これは、キツイ。

だって、長い時間がかかって、他の業務に響いた時に自己嫌悪に陥ってしまうから。

これは、YouTubeも一緒だ。つまらなくなっちゃう。

そして、やめちゃう。悪循環なわけだ。

じゃあ、どうすればいいか。

「そもそもの優先順位を上げればいい。」

これだけである。

優先順位を上げれば、継続できるようになる。時間は関係なくなるので。

以前も『メルマガを15分で書く!?時間効率よりも継続配信するためのヒント』でお伝えしたが、メルマガ1通に5時間かけてもいいわけだ。

お客さんとのミーティングが小一時間延びても気にしないのと一緒である。

メルマガもお客さんと接する場なのだから、時間は関係ない。

「メルマガやYouTubeをやっていないのに他の業務をやっても意味が無い。」

こんな風にすれば、メルマガやYouTubeに時間がかかっても、全然大丈夫になる。

継続するための秘訣は、「ハードルを低くすること」だ。

「15分や30分で書く」なんていきなりバーを高くしないでいい。

そうすると、新たに文章力を磨いたり、情報をインプットしたりしなくてはいけなくなる。

それよりも、足ることを知って、今ある武器で勝負していこう。

「優先順位を上げる」

これをするのに、新しいスキルやノウハウは必要ない。

ぜひ、5分でいいので、優先順位の高いタスクと低いタスクを整理しなおしてみてほしい。

まとめ

いかがだっただろうか?

今回は「文章力なんて必要ない!メルマガを配信し続けるたった1つの秘訣」についてお伝えさせて頂いた。

文章力が必要ないとはいいつつもこんな動画も更新している。笑

■ 20歳の自分に受けさせたい文章講義 レビュー
https://youtu.be/hoR-FivoBPs

大切なのは考え方である。

この記事への反響

ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

PAGE TOP