作成前に要チェック!3種類あるセールスページのそれぞれの役割とは

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「セールスページを作成しようと思うが、なかなか作成が進まない」
「セールスページを外注しようと考えているが、自分でもある程度の知識は抑えておきたい」
「セールスページのそれぞれの役割を熟知しておきたい」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

「そもそもセールスページとは?」から、「セールスページの種類」について解説します。

セールスページとは一体何なのでしょうか?
ぜひ、ご覧になってください!

セールスページとは?

「そもそもセールスページとは何?」

セールスページとは

  • セミナーのお申し込み
  • サービスのお問い合わせ
  • 商品のご購入

を促すページのことです。
いろいろな種類のページがあるので整理がつかなくなってきますよね。セールスページはランディングページ(LP)の一種になります。いわゆる縦長のペラ一枚のページのことです。

このセールスページですが、実はこれにも種類があるのです(^^)

これだけチェック!セールスページ3つの種類

「あなたのセールスページの目的は?」

  • 通販型セールスページ
  • コンサルタント型セールスページ
  • サービス型セールスページ

それぞれ、

  • 商品
  • セミナー
  • サービス

というようにオファーするものによって変わってきます。あなたはこのように目的によってセールスページの種類を使い分けていますか?

ランディングページ制作を外注するときの注意点とは?

「このページのようにしてほしい」

LP制作を業者に外注するときには、モデルを伝えて頼むことが多いかと思います。

その際に、しっかりとセールスページの種類を分けておかなければなりません。セミナー募集用のページを作るのに、通販用のセールスページをモデルにしても成果は出ません。

当たり前のことのように感じますが、意外にできていない人が多いです。きっと、普段見ているページがそういったページだからでしょう。

コンサルタント型ビジネスをされている方は以下を参考にされてみて下さい。セミナー募集用のページを中心にセールスページをご紹介しています。

コンサルタント・士業が参考にすべき!厳選セールスページ3選まとめ

ご紹介しているいずれの方も、きちんとセールスページの役割を理解してランディングページを使い分けていますので、あなたもぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、『作成前に要チェック!3種類あるセールスページのそれぞれの役割とは』についてお伝えさせて頂きました。

これから、セールスページの作成・外注の前に押さえておきたい知識ですね。

ぜひ、ご参考にされてください。

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。