便利すぎる!誰でもランディングページが作れるツール「ペライチ」

2016年10月1日

ランディングページの作り方

ごきげんよう。このは屋のほんま(@homma_ya)だ。

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「15の構成テンプレートで誰でも作れる!」

ランディングページとは、集客用ページのことである。

大きく2つの種類がある。

1.メルマガ・資料請求用ランディングページ
2.商品・サービス販売用ランディングページ

簡単にいうと、前者が無料の案内をするもの。後者が有料の案内をするもの。

となる。

このランディングページ。Web集客において肝心要のメディアである。

ブログやYouTubeでアクセスを集めたとしても、それだけでは売上には結びつかない。

無料にしても、有料にしても、アクセスしたユーザーに何かしらの案内をする必要がある。

でないと、ユーザーは去ってしまう。つまり、「アクセスの垂れ流し」である。

その垂れ流しを食い止めるのが、ランディングページということになる。

また、リスティング広告やFacebook広告などのウェブ広告でもランディングページは必須である。

何も案内をしない広告など考えられないのはいうまでもない。

このようにランディングページはWeb集客において、肝心要のメディアなのだが、実は用意できていない方が多いのだ。

その原因は大きく2つある。

1.文章を書くことができない
2.ページを作ることができない

の2つだ。

「1.文章を書くことができない」というのは、要するにコピーライティング面の壁だ。

この壁を克服する方法については、

『成果の出るランディングページの作り方|15の構成テンプレート付き』

で詳しく解説しているので参照してほしい。

15の構成テンプレートに従って、各要素を埋めていくことで、誰でもコピーライティングの要素を抑えた文章を書くことができるようになる。

問題は「2.ページを作ることができない」の方である。

文章を書くこと自体は、誰でもできるのだが、ページを作るとなると専門的な知識が必要になってくる。

これまで、多くの方がこの部分でつまずいていたのだ。

しかし、今やそんな状況も変わった。

誰でもランディングページが作れる

「ペラ1枚のページを作る」

ペライチ』を使えば、誰でもランディングページを作ることができる。

ペラ1枚のページを作ることのできるツールでペライチ。

わかりやすいネーミングだ。

一般的に、ランディングページを作るとなると、ドメインやサーバーを用意することはもちろん、HTMLやCSSの知識が必要になってくる。

いわゆる、ウェブ上のプログラミング言語のようなものだ。

その点、ペライチはHTMLやCSSの知識いらずでランディングページを作ることができる。

見出しやボタン、フォームなど各要素をドラッグアンドドロップで操作するだけで、ビジュアルかつ直感的にページを作れるのだ。

これは画期的である。

たとえ、指1本でキーボードを打っているようなパソコン初心者の方でも、簡単にランディングページを作ることができるわけだから。

これで、

1.文章を書くことができない
2.ページを作ることができない

というランディングページにおける2つの問題をクリアすることができた。

あとは、実践するだけだ。

ぜひ、ランディングページを作ってみてほしい。

まとめ

いかがだっただろうか?

今回は「便利すぎる!誰でもランディングページが作れるツール「ペライチ」」についてお伝えさせて頂いた。

このは屋が開催している『ランディングページ構築1DAYワークショップ』では

1.文章を書くことができない
2.ページを作ることができない

というランディングページの2つの壁を1日でクリアすることができる。

興味がある場合は、ぜひ参加してみてほしい。

ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

PAGE TOP