成果の出るランディングページの作り方|15の構成テンプレート付き

お師匠様!ランディングページには成果の出る構成があると聞いたのですが、そのつくり方を教えてくれませんか?
うむ。成果の出るランディングページの作り方について知りたいのですね。それでは、説明しましょう。その前に和尚さんは今の時点で、ランディングページの作り方についてどれくらい知っていますか?
コピーライティングを学べば、成果の出るランディングページを作ることができる、のではないでしょうか?「ランディングページ 作り方」「ランディングページ 構成」と検索したら、多くの記事にそう書いてありましたよ!
なるほど。たとえばどんな風に書いてありましたか?
コピーライティングには決まったテンプレートがあって、PASONAAIDMAが有名と書いてありました。これを知っていれば、成果の出るランディングページを作ることができるんですよね!
よく勉強していますね。ただ、コピーライティングのテンプレートを知っていれば、成果の出るランディングページを作れる、というわけではないのですよ。
え、そうなんですか?

はい、Webお師匠様が言うように、ただコピーライティングのテンプレートを知っていても、成果の出るランディングページを作ることはできません。

たとえば、AIDMAのAはアテンション、つまり「注目を引く」という意味です。言葉の意味はわかりますが、肝心の「どうやって注目を引けばいいか」はわかりませんよね。

つまり、テンプレートを知っていても、「具体的に何を書けばいいのか」がわからなければ、成果の出るランディングページを作ることはできないわけです。

では、どうすればいいのでしょうか?

そんなあなたのために今回、「ランディングページの具体的なつくり方」を解説します。

さっそく見ていきましょう。

ランディングページ構成の全体像

成果の出るランディングページの構成には大きく7つの要素があります。

  1. ヘッドコピー
  2. ボディコピー
  3. プロフィール
  4. 商品・サービス紹介
  5. オファー
  6. リスクヘッジ
  7. 追伸

の7つの要素ですね。

それぞれの要素について詳細の解説をする前に1点だけ。

巷にはいろいろなランディングページの構成テンプレートを解説してくれている記事やサイトがあります。

  • その中からどれを選べばいいのか?
  • どの構成が最も成果が出るのか?
  • 今回の記事は何が違うのか?

気になるのではないでしょうか。

結論からいうと、どの構成でも一定の成果がでます。私もこの記事を作成するにあたって、いろいろな記事を参考にしましたが、どれも良質な内容を書いてくれています。

その上で、あえて違いを上げるとすれば1点だけです。

「具体性」

今回の記事では、具体性をトコトン意識しました。それぞれの要素において【穴埋めテンプレート】までのせてあります。

対象は「スモールビジネス限定」です。ですので、どんな規模でも使えるというわけではありませんし、デザインを重視する業界では使えないかもしれません。

ですがその分、スモールビジネスの方であれば、有効に活用することのできるものとなっています。

このは屋が実際に制作して、広告出稿までしているランディングページ『ランディングページ構築1DAYワークショップ』のキャプチャー画像とともに解説していきます。

成果の出るランディングページ15の構成テンプレート

ヘッドコピー

まずは、ヘッドコピーです。ヘッドコピーの役割は「注目してもらう」ことです。

【1】ヘッダー

01-18371

ヘッダーでは、大きく3つの要素があります。

  1. ターゲット
  2. キャッチコピー
  3. サブコピー

です。

ターゲットの方に注目してもらうためには、「どうして??なのか?」「??する方法」といったキャッチコピーが有効となります。

それぞれ以下に穴埋めテンプレート(以下同様)がありますので、参考にしてみてください。

【穴埋めテンプレート】

  • 「ターゲットの方へ」
  • 「どうして~~することができるのか?」
  • 「~~して~~する方法」

ボディコピー

つづいて、ボディコピーです。ボディコピーは、ヘッドコピーで「注目」してくれたユーザーに「興味を持ってもらう」パートになります。

【2】共感

02-18396

【共感】パートでは、ユーザーに「自分に関係のある話だ」と思ってもらうことを目的とします。

人は自分に関係のない話であれば、「興味」を示さないからです。ユーザーの「悩みや問題」を問いかけることで、自分事として受け取ってもらうことができます。

「悩みや問題」は最低でも3つくらいはあげるようにしてみてください。

【穴埋めテンプレート】

「こんなことでお悩みではありませんか?」

  1. 悩み・問題
  2. 悩み・問題
  3. 悩み・問題

【3】先入観

03-18408

【先入観】のパートでは、ユーザーが「悩みや問題」を解決するために、真っ先に思い浮かべる解決策の選択肢を列挙します。

次のパート【反論】への布石となります。

これも【共感】パートと同じように最低でも3つくらいはあげてみてください。

【穴埋めテンプレート】

  1. 先入観
  2. 先入観
  3. 先入観

でも、実は、、、

【4】反論&【5】反論の説明

04-18419

【反論】と【反論の説明】パートでは、【先入観】パートを反論します。

現代は情報の量が膨大です。10年前に比べると、400倍とも500倍ともいわれています。そんな中「ふつうのコト」を伝えても、ユーザーに「興味」を持ってもらうことはできません。

ですから、興味を持ってもらえるような情報を伝える必要があります。

とはいっても、「ウチは新しい情報なんて提供できないな?」と難しく考える必要はありません。

ユーザーが興味を持つ情報というのは、決してあなたの同業やライバル会社との比較ではないからです。

むしろ、ユーザーにとっては、専門家同士の違いなんてよくわかりません。そんな小さいところには「興味」がないわけです。

それよりもユーザーが興味があるのは、自分のことです。人は誰しも「自分」に一番興味を持っています。

ですから、ユーザーがあらかじめ抱いている【先入観】を【反論】して、その理由を【説明】してあげることで、あなたのメッセージに「興味」を持ってくれるようになります。

【穴埋めテンプレート】

「【先入観】ではなく【反論】が大切なのです」

【反論の説明】

プロフィール

この段階で、プロフィールの紹介です。プロフィールの役割は、ボディコピーから商品・サービスの案内への橋渡しです。

【6】プロフィール

05-18425

はじめてページを訪れたユーザーは、提供者のプロフィールなど興味がありません。

ですから、ページの一番最初にプロフィールが書かれてあっても読むことはありません。

それよりも先に「お、おもしろそうだな」と思ってもらう必要があります。

ヘッドコピーで「注目」して、ボディコピーで「興味を持った」ユーザーは、そこまで読み進めているわけですから、少なからず「おもしろそうだな」と思ってくれています。

この段階ではじめて、プロフィールを紹介します。

「で、一体どこの誰なの?」と思うタイミングでプロフィールを紹介するということですね。

【穴埋めテンプレート】

申し遅れました。
◯◯と申します。
これまで~~という実績を残してきました。
なぜ、そのような実績を残すことができたのでしょうか?
それは??のおかげなのです。
今回この??を活用する【商品・サービス】を提供することにしました。

商品・サービス紹介

いよいよ、商品・サービス紹介パートです。

【7】商品紹介

08-18436

ユーザーはここまで伝えたメッセージで興味を持ってくれています。

あとは、余計なことを伝える必要はありません。シンプルに商品・サービスを案内しましょう。

【穴埋めテンプレート】

【商品・サービス】の内容を紹介

【8】ベネフィットリスト

09-18447

ベネフィットとは、「ユーザーが手にする未来」のことです。

メリットと比較するとわかりやすいでしょう。

たとえば、「ダイエットができる」はメリット。「彼氏が喜ぶ」はベネフィットです。

ユーザーは「商品・サービス」の案内をみただけでは、「自分にどう役に立つのか?」がわかりません。というよりも、その部分をユーザー任せにしてはいけません。

ユーザーが自分でベネフィットを感じ取ってもらうのを待つのではなくて、こちらからきちんと伝えてあげましょう。

あくまでもユーザー視点にたって、「未来を先回りして提示する」ことを意識してください。

【穴埋めテンプレート】

「この【商品・サービス】であなたは手に入れるメリット」

  • ベネフィット
  • ベネフィット
  • ベネフィット

【9】商品を提供する理由

10-18455

現代は「モノ余り」の時代です。

そんな時代に、単純に「モノ」を売っていても、買ってくれることはありません。

特に我々のようなスモールビジネスの場合はそうです。

「モノ」ではなく「ヒト」を売ることがその突破口となります。

商品・サービスの案内をした後は、「なぜその商品・サービスを提供するのか」を伝えるようにしましょう。

提供者の「想いや理念」を知ることで、ユーザーは「ヒト」に焦点を当ててくれるようになります。

【穴埋めテンプレート】

「なぜ今回【商品・サービス】を提供することにしたのか?」
これまで~~という方をたくさん見てきました。

その一方で~~という方を見てきました。
違いは~~だけです。

今回の【商品・サービス 】では◯◯を提供します。
もしかすると~~という悪いことがあるかもしれません。
それでも、【商品・サービス】を提供することにしました。

なぜなら、「想い・理念」があるからです。

オファー

商品・サービスの案内をした後は、オファーパートになります。オファーとは「提案条件」のことです。

【10】価格の案内

11-18463

【価格の案内】パートでは、価格の提示だけでなく、「なぜその価格設定なのか」を説明します。

「価格の安さ」で勝負する大企業ならいざ知らず、我々のようなスモールビジネスは、価格では勝負しないからです。

大衆向けのメジャー商品は、「およその価格」の相場がありますので、価格設定の説明は必要ありませんが、マイナー商品の場合は、価格設定の説明がなければいけません。

なぜなら、「価値」がわからないからです。

ユーザーは「価値」がわからなければ、「価格」で判断するしかありません。

「価格」と「価格設定の理由」を説明することで、きちんと「価値」をわかってもらいましょう。

【穴埋めテンプレート】

今回の【商品・サービス】~~ではなく、~~です。

「購入後のメリット」を考えれば、~~円でも決して高くないでしょう。
ですが、~~円でご提供したいと思います。

それでも本当に役に立つかわからない。
そんな方のために返金保証をご用意しました。

【11】保証の案内

12-18471

「価格」と「価格設定の理由」を説明して「価値」をわかってくれたとしても、やはり不安は残ります。

一昔前に比べれば、インターネットでの商品購入やサービス申し込みが一般的になってきたとはいえ、対面と比べると相談したりすることができないからです。

特にはじめて買う商品やサービスであれば、なおさらです。

そのユーザーの不安を取り除いてあげるために、「保証」を付けてあげましょう。

「品質に自信のある商品・サービスだから保証なんて必要ない!」と感じるかもしれませんが、ならば、なおのこと保証を付けましょう。

自信があれば、保証を付けること自体に何の抵抗もないはずです。

「返金の連絡が来るかもしれない、、、」など、少しでも不安が残るのであれば、ご案内自体を考えなおした方が良いでしょう。

【穴埋めテンプレート】

どれだけこの【商品・サービス】に「メリット」があるとはいえ
あなたにはまだ不安があるかもしれません。
でも、返金保証制度があるのでご安心してください。

もし【商品・サービス】に満足しなかった場合、どんな理由でも●●日以内であれば、料金を返金いたします。安心してお試しください。

【12】特典

13-18480

【特典】パートでは、商品・サービスに付随する特典を紹介します。

特典を付ける理由は、

  1. 商品・サービスをより有効活用できるようにするため
  2. 「特典書い」を期待するため

といった側面があります。

ですが、一番の理由は上記ではありません。

「申し込みする理由・言い訳」のプレゼント

これが特典を付ける本当の理由です。

ユーザーの意思決定の後押しをしてあげられるような特典をつけることを意識してください。

【穴埋めテンプレート】

  1. 特典1
  2. 特典2
  3. 特典3

リスクヘッジ

オファーパートの次は、リスクヘッジパートになります。「リスク」とは提供者からみたリスクだけでなく、ユーザー側のリスクも含みます。

【13】絞り込み

14-18490

ここまでの文章を通して、商品・サービスやその他の条件を伝えたとはいえ、提供者の意図がすべてユーザーに伝わったわけではありません。

必ず理解の相違点があります。【絞り込み】パートでは、その相違点を解消します。

提供できるものと提供できないものをきちんと伝えることで、不要なクレームや過剰な約束(オーバープロミス)を避けましょう。

【穴埋めテンプレート】

自信を持っておすすめする【商品・サービス】ですが
1つだけお伝えしておかなければならないことがあります。

あなたがもし、~~するなら

  1. ユーザーの誤った理解
  2. ユーザーの誤った理解
  3. ユーザーの誤った理解

というようなことがお望みでしたら
この【商品・サービス】は見当違いです。

上記の方は、この【商品・サービス】では
ご対応が難しいと思いますので他にご依頼ください。

でも、もし、お望みが

  1. 提供者の正しい意図
  2. 提供者の正しい意図
  3. 提供者の正しい意図

でよろしければ、この【商品・サービス】はきっと気に入って頂けます。

【14】よくある質問

15-18502

【よくある質問】パートでは、ユーザーの抱える不安を最後にまとめて解消します。

対話をすることのできないランディングページでは、ユーザーの質問にあらかじめ答えてあげることが重要です。

既存のお客さんから頂いた質問や想定されるであろう質問に答えてあげましょう。

典型的な質問内容を以下にあげておきますので、参考にしてみてください。

【穴埋めテンプレート】

  1. 支払い方法
  2. 申し込み方法
  3. 初心者
  4. 提供形態
  5. サポート
  6. 必要なもの

追伸

いよいよ最後の追伸パートです。

【15】追伸

16-18512

【追伸】パートでは、ここまで伝えた内容のまとめをしましょう。

ランディングページで最もよく見られる部分は、ファーストビューのヘッダー部分になりますが、次によく見られる部分が追伸です。

一気に最後までスクロールする方が多いからです。ですから、そういったユーザーが追伸を読んでも内容がわかるようにしておきましょう。

理想は、いきなり追伸を読んだユーザーが、もう一度上にスクロールして本文を読んでくれるようになることです。

【穴埋めテンプレート】

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、ランディングページ構成の全体像から、各要素の解説、また穴埋めテンプレートをご紹介させて頂きました。

冒頭でもお伝えさせて頂いたとおり、すべての方に活用できる内容ではない部分もあるかもしれません。

ですが、本質的には同じことです。

  1. 注目してもらう
  2. 興味を持ってもらう
  3. 納得してもらう
  4. 不安を取り除いてあげる

そして、お申し込みをしてもらう。

上記の流れ自体は、すべてのランディングページにおいて共通です。

ぜひ、今回の記事を参考にランディングページを作ってみてくださいね。

この記事への反響

この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。