スモールビジネスのネットショップの活用方法

ネットショップの歴史

「Amazonが法人向け通販を開始」というニュースがありましたね。

競合であるアスクルや大塚商会が気の毒ですが、スモールビジネス経営者にとりましては、便利になるのではないでしょうか。

そんなニュースを見ながら、ふとネット通販について考えていました。
一昔前はネットで商品・サービスを売ることは難しいことでしたよね。

ネットで商品を売る手段として、楽天やYahooなどのプラットフォームを利用するのが一般的でした。

いわゆるモール型と呼ばれるタイプです。

プラットフォームを利用するれば、初期費用に加えてテナント料(月額使用料)がかかりますので利益率は下がってしまいます。

Yahooは初期費用や月額費用はかかりませんが(2017年現在)、手数料はそれなりにかかりますで、いささか壁を感じる人が多かったんですね。

個人が気軽にネットでモノを売る時代

「ネットでモノを売る」ということに対して、現在は、パラダイムシフトが起こっています。その火付け役となったのが、ウェブサービスの台頭です。

・ストアカ
・ココナラ
・メルカリ
・タイムチケット
・BASE
・STORES

いくつかは聞いたことがある方も多いのでないでしょうか。個人の消費者同士がネットを通じて商品の売買ができる環境が整いました。

これらは、昨今CtoCと呼ばれているビジネスモデルです。

私自身も、メルカリというフリマアプリを使って商品の販売をしたことがありますが、本当に出品も簡単で驚嘆しました。

それくらいモノをネットで売るハードルは無くなっているんですね。

モノを売るとなると、ついつい服、CD、化粧品、健康食品などを思い浮かべますが、近頃はカタチの無い無形の商品の販売もできます。

ストアカ、ココナラ、タイムチケット等のサービスでは、スキルを売ることができます。

画像を作るスキル、動画を作るスキル、英会話のスキルといった、目には見えない商品を売ることだって可能になっています。

ネットでモノを売ることに対する価値観の変化が反映されていますね。

スモールビジネスの「ネットでモノを売る」考え方

ネットショップという言葉だけでは、もしかすると「私とは関係ないかな」と思ってしまうかもしれません。

ところが、実は関係が大アリです。

ネットショップの目的はネットで商品・サービスを販売することです。先述した通り、それらの商品・サービスは有形、無形を問いません。

私たちは普段からウェブ集客を行っていますよね。その目的は商品販売、資料請求、来店促進、セミナー募集など多岐にわたります。

つまり、ウェブ集客をしているということは、ネットで商品を販売していることになります。よって、ネットでモノ売るというネットショプという考え方は、ウェブ集客には切っても切れない関係です。

となれば、「スモールビジネス経営者もこういったネットショップをどんどん活用したほうがいいのではないか」と思ったんです。

スモールビジネスがどう活用する?

スモールビジネス経営者は普段からウェブ集客には取り組んでいらっしゃると思います。ブログ、メルマガ、ランディングページを活用して集客を行っているはずです。

これはこれで素晴らしい仕組みを作っていると言えます。自社でDIYのような形で集客〜販売を行っているわけですからね。もちろんこの仕組はこのまま維持してくださいね。

では、いまある仕組みに加えてネットショップの色を入れてみましょう。ブログやメルマガ、ランディングページを介さずとも、購入が完結する仕組みです。

そのためには当然ネットショップを開設する必要があります。

そうすることで、これまでのウェブ集客に加えてもう一つの売上の柱ができます。

「え、でもネットショップの開設ってお金がかかるんでしょ?」と思う方も多いかと思います。実は今は無料で自社のオンラインショップを立ち上げることができるんです。

それを実現するのが、冒頭でお伝えした、BASEとSTORESというサービスです。STORESは無料会員では掲載商品が5品までなので、BASEがおすすめです。

BASEを使えば、無料で数分でネットショップが開設できます。

以下のようにこのは屋でもDVDを販売しています。以前はセミナーという無形商品も販売していました。

 

でもここで1つの疑問が浮かびます。

「どうせ売れないでしょ?」

そうです、みんなが嫌いな集客です(笑)。

ネットショップサービスはその集客の課題をカバーするためにブログ機能や他の会社と連携を強めています。

しかし、効果はいまいちというのは現実です。ネットショップには常に集客という課題が付きまとうんですね。

でも、ネットショップで商品を販売することは売上の柱としては持ってこいの選択です。

そこで、そのネットショップの集客力を補填する方法があります。それは、「連携」という考え方です。

例えば、BASEでネットショップを立ち上げても、購入者は増えません。

商品が”あるだけ”の状態になってしまいます。これでは売上には繋がり難いですね。

そこで、重要なのが「連携」です。先程お伝えした、一般的なウェブ集客手法であるブログ、メルマガ、ランディングページといったものと連携することです。

わかりやすいのはホームページとの連携でしょう。

自社のホームページに自社のBASEサイトへのリンクを載せます。

そうすれば、単にBASEだけで置いておくよりは集客力はアップしますね。

さらにSNSの活用もおすすめです。Facebook、Twitterで積極的に案内します。

ブログのサイドバーや記事の下にバナーを配置するもの有効でしょう。

ウェブ集客ではすべてに言えることですが、成果を出すには単体よりも連携です。ブログであろうとYoutubeであろうと、SNSであろうと、です。

1.ネットショップはぜひ活用してみたい
2.でも、売れなそう・・・
3.であれば、連携してアクセスを流そう

という順番で考えれば。難しくありません。

「ネットショップをやるとすれば、何を売ろうかな」と少し考えてみて下さい。

その他メディアを使えば、売れないことはありませんからね。



この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

【無料ウェブセミナー】
ウェブ集客導線シミュレーション


ウェブ集客の流れ(導線)を解説。

パソコン画面でわかりやすく説明。

動画は3分のダイジェスト映像です。

全編動画は以下より。

メールアドレスを入力して送信。