4980円のDVDを0円でプレゼント中!

ブログのリピーターと回遊性の増加を見込める『サイト内検索』

検索エンジンだけで検索するわけじゃない

「あれ、あの記事どこだっけ?」

あなたは普段ネットサーフィンをしていて、参考になる記事を見つけた時どうしてる?

Twitterでつぶやく、Facebookでシェアする、ブックマークするなどをして、あとで参照できるようにしているかと思う。ただ、忘れてしまうときもあるんじゃないかな。

そんなときは、GoogleやYahooで記事タイトルや内容などを思い出しながら検索すると思う。でも、これって効率が悪い。そもそも、検索してその記事にたどり着いたのか、何かしらのSNSでたどり着いたのか覚えていないことが多い。

情報を得る手段が多様化しているので、ソースがどこだったか忘れてしまうわけ。「でも、何とかあの記事をもう一度見たい」どうすればいいんだろう?

こういった場合、正確な記事タイトルや内容は覚えていなくても、どこのサイトの記事だったかは覚えているということも多いんじゃないかな。もしそうなら、該当のサイトを訪れて、サイト内検索をすれば、目的の記事にたどり着くことができる。

実際に先日、ブックマークし忘れていたWordPressプラグインの解説記事をサイト内検索で見つけた。さて、このサイト内検索。あなたのサイト、ブログではきちんと設置してる?

サイト内検索は意外と使われている

「10秒で設置できる」

スモールビジネス御用達のWebツール「WordPress」であれば、サイト内検索は10秒もあれば簡単に設置できる。

「外観」→「ウィジェット」→「検索」そして「保存」。慣れている人であれば、10秒もかからずにサイト内検索をブログに設置することができる。でも、このサイト内検索をブログに設置していないトコロが意外と多い。

さっきの話からもわかる通り、サイト内検索というのは意外と使われている。特に、ある程度サイトの名前が認知されているサイト、ブログにおいては有効になる。

「正確な記事タイトルは覚えていないけど、サイト名は覚えている」というユーザーが、せっかくサイト、ブログに訪れてくれても、サイト内検索が設置されていなければ、やむなく去ってしまう。でも、検索することができれば、もう一度その記事を読んでくれる。つまり、リピーターが増えるということ。

フリーソフトの使い方、Webツールの操作方法、動画編集ソフトの使い方など「やり方」系のノウハウを検索する場合に、Googleじゃなくて、YouTubeで検索することが増えているように、特化型コンテンツは、サイト内検索を利用するようになってきている。

簡単な工夫でリピーターの増加と共に回遊率の増加が見込める。まだ設置していない場合は、サイト内検索を設置することをおすすめする。

編集後記

自らが取った行動をつぶさに観察しておくことが大切。キーワード選定なんかもそうだけど、考えようとして考えると、なぜか「ありきたりな回答」にたどり着くことが多い。普段から意識しておくことで、よりユーザーの利用意図に沿ったサイト設計を行なうことができる。

以下の無料ウェブセミナーでは、スモールビジネスのウェブ集客について学ぶことができるので良かったら。

https://konohaya.com/webinar/access-2-35003.html

この記事への反響