WordPressプラグインAll in One SEO packの設定 – 初心者でも簡単!専門知識なしでSEO対策する方法

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

「自分のWordPressサイトにSEO対策をしたいと思う」
「しかし、HTMLの知識がなくソースコードを記述するのが困難」
「WordPressプラグインAll in One SEO packの設定方法を知りたい」

今回は、このような悩みを抱えている方に、WordPressのプラグインAll in One SEO packについてご紹介します。

All in One SEO packは、SEO対策に必要な設定ができるプラグインです。

SEO対策の設定とは、

  • SEOのメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げるOGPの設定
  • クローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定

の、3つの設定が可能です。

一つ一つ解説していきます。

SEOのメタ要素の設定とは

SEOのメタ要素とは、ご自身のサイトに関するページ情報を定義する要素になります。

Googleで検索を行うと、検索結果からサイト名とそのサイトに関する説明文が表示されますよね!

あれが、ページ情報を定義する要素の1つになります。

通常はHTMLのheadタグ内に記述するのですが、All in One SEO packを利用すれば簡単に入力だけで設定できます。

OGPの設定とは

OGPの設定とは、『Open Graph protocol』の略称で、facebookやtwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)でご自身のブログから記事を表示させる規格(ルールのようなもの)です!

例えば、facebookにブログ記事がシェアされた場合にニュースフィード(情報を受け取るページ)に表示されるかと思います。

OGPの設定を行うと、ニュースフィードに記事のURL・記事のタイトル・サムネイル画像(アイキャッチ画像)を表示させることができます。

こちらも、通常はHTMLのheadタグ内に記述するのですが、All in One SEO packを利用すれば簡単に入力だけで設定するできます。

XMLSitemapとは

XMLSitemapとは、検索エンジンの『クローラー』がクロールしやすくするためのファイルです。

ファイルの内容は、サイトページのURLをリスト化したものになります。

クローラー → 検索エンジンのためにWebページの情報をあつめてくれるロボット。
クロール → Webページの情報をあつめてくること。

クローラーは、WebページのURLを元に情報をあつめているのですが、サイトの構造が複雑だとクロールしにくいです。

なので、クローラーにご自身のサイトを巡回しやすいように、URLをリスト化したサイトマップ作成します。

とはいえ、xmlファイルを作るのは初めての方には結構なハードルです。

そこで、All in One SEO packを利用すれば簡単に入力だけで設定できるので、ぜひ活用しましょう。

はじめに

このプラグインが優れている点

  • SEO対策にかかせないSEOのメタ要素の設定が簡単にできる!
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げるOGPの設定も簡単にできる!
  • クローラーの巡回を促すXML Sitemapの設定も可能!

インストール方法

  • WordPressダッシュボード → プラグイン → 新規追加 → 『All in One SEO pack』で検索 → 検索結果から『All in One SEO pack』をインストール
  • WordPress.org からダウンロード

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。