消えた過去ページが見れる!WayBack Machineの使い方

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

あなたは「消えてしまった」過去ページを見たいときはないだろうか?

  • ブックマークしていたお気に入りのコンテンツが消されてしまった
  • デザインの参考にしていたサイトがリニューアルしてしまった
  • ウチのサイトの過去のデザインがどんなものだったか忘れてしまった

いろいろなケースで、過去に存在していたページをみたいときがあるかと思う。

そんなときは、「仕方ない」とあきらめてしまっていたかもしれない。

でも、あきらめなくて大丈夫だ。

実は、消えてしまった過去ページを見る方法があるのだ!

さっそく、その方法をみていこう!

消えた過去ページをみる3つの方法

Googleキャッシュ検索

waybackmachine01

まずは、『Googleキャッシュ検索』だ。

サイトの過去データのことを「キャッシュデータ」と呼ぶのだが、Googleではこのキャッシュデータを一定期間保存してくれている。

やり方は簡単だ。

Googleの検索窓に『cache:https://konohaya.com』のように入力して検索するだけだ。(「konohaya.com」の部分をご自身のドメインに変えればOK。)

キャッシュ検索
『cache:https://konohaya.com』

すると、キャッシュデータが存在する場合は画像のように表示される。

waybackmachine02

キャッシュデータは一定期間たつと消えてしまうので、あくまでも一時的にページが見れない場合の対処法となるが、簡単に過去ページを見ることのできる方法だ。

ウェブ魚拓

waybackmachine03

ウェブ魚拓も、サイトの過去(キャッシュ)データをみることができる。

やり方は簡単だ。検索窓に「https://konohaya.com/」のように入力して検索する。

waybackmachine04

すると、検索結果でキャッシュデータが表示される。

waybackmachine05

このとき、まだウェブ魚拓にデータが保存されていない場合は、データは表示されない。

「このまま魚拓をとる」という画面が表示される。

waybackmachine06

過去ページを見ることはできないが、サイト運営者の方はこの画面で、ページデータを保存することもできるので保存してもいいかもしれない。

WayBack Machine

waybackmachine07

WayBack Machineは、Internet Archiveが提供するキャッシュ検索サービスである。

上記2つのサービスよりも充実したサービスとなっているので、使い方を詳しく紹介していく。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。