4980円のDVDを0円でプレゼント中!

ブログのタイトル付けにはこれを活用!goodkeywordの使い方

「キーワード選定をしたい」
「Googleキーワードプランナーは、正直使いづらい」
「簡単にキーワード選定をしたい」

今回はこのような方に向けてお届けします。

ブログ記事を作成する上で、「キーワード選定」はとても重要です。

せっかく手間ひまかけて作成したブログ記事が、誰の目にも留まらずにネット上に埋もれてしまなってもったいなさ過ぎる。

できるだけ多くの人の目に留まるには、キーワード選定を行うことが地味なんですが大事です。

検索流入が期待できそうなキーワードを選定し、タイトルに盛り込みとか、キーワードから見えてきるユーザーの悩みを解決できる記事が、やはり重宝されますね。

  • 検索が期待できるキーワードを調べる
  • そのキーワードの中から読者が興味を引きそうなタイトル付けをする
  • キーワードから読者悩みを解決する記事を作成する

この手間がブログ記事作成で重要になりますね。

ですがこのキーワード選定、初心者の方なんかは特に、どうやっていいのかわからないですよね?

そこで、今回は初心者でも迷うことなく簡単に使えるキーワードツール「goodkeyword」について解説いたします。

Googleキーワードプランナーで挫折した方は、ぜひ使っていただきたいツールです。(正直、Googleキーワードプランナーは使いにくい。)

goodkeywordを使うことで、どんなキーワードで検索をされているのか、少しずつですが掴めてくると思います。

goodkeywordとは?

goodkeywordとは、無料で使えるキーワード検索ツールです。

検索ツールというとGoogleのキーワード プランナーが代表的ですね。しかし、ログインする手間があったり、操作が難しかったりと決して初心者向けとは言い難いツールです。

goodkeywordの使い方は至ってシンプルなんです。

気になるキーワードを入力するだけ!

たったこれだけで、関連キーワード(サジェストキーワード)が調べられますよ。

もちろん、キーワード プランナーも使いこなすべきですが、初心者にはこのgoodkeywordがオススメです。お手軽にキーワードが確認でき、動作も軽いのでキーワード選定に慣れている方も十分活用できるツールかと思います。

 goodkeywordの使い方

URL: http://goodkeyword.net/

公式サイトに移動して、検索窓に気になるキーワードを入力します。その状態で「検索」をクリックするだけです。

goodkeyword02

するとこのように、「キーワード + 関連キーワード」で表示されます。

 

あとは、これを参考にタイトル付けや見出しに利用しましょう。

実際に使用してみると動作が軽くお手軽なのがわかるかと思います。

表示された検索結果のキーワードの横に、「G・B・Y」と表示されていますね。

これは、「Google・Bing・Yahoo」の検索結果になります。

クリックすると、実際検索画面が表示されますよ。地味に便利です。

Bingを使っている方は少ないかと思うので、基本的には大多数の人が利用しているGoogleを確認してみてください。

そして、さらに関連キーワードを掘り下げていきことができます。

今回は、「ランディングページ」と検索してみたのですが、表示されたものの中に「ランディングページ とは」をクリックします。

すると、今度は「ランディングページ とは」のキーワードで検索結果が表示されます。

このようにして、キーワードを掘り下げていくことも可能です。

表示されたキーワードはすべてコピーすることもできます。

 

このように右のテキストボックスに表示されています。

ここからコピーして、Excelなどでキーワードを管理するなどといった使い方ができますね。

で、その下に表示されたグラフがありますね。

 

これは、Googleトレンドより検索ボリューム変化を示したグラフになります。

グラフの下に表示されている時期にどれだけ需要があったキーワードなのを確認することができます。

今回の「ランディングページ」キーワードの場合、2014年1月から2015年5月までで、右肩上がりになっていますね。

その後、少しですが下降しています。

2015年5月までしか表示されていませんが、グラフにカーソルをあわせることで、それ以降の年と詳細なデータを確認することができますよ。

編集後記

今回は、「ブログのタイトル付けにはこれを活用!goodkeywordの使い方」について解説しました。

興味をひくタイトル付けのコツについては下記記事もあわせてご参考にして下さい。

キュレーションメディアから盗め!1分で記事タイトルを考える方法

タイトルが気になって思わずクリックしてしまった!なんて経験はネット上では結構ありますよね。

キーワードを意識するのは手間ですが、せっかく作成したブログ記事がネット上で埋もれてしまってはもったいない事です。

ぜひ、ご参考にしてみて下さい。