面白くない?一発屋芸人のリズムネタから学ぶブログでの情報発信法

リズムネタは面白くない?

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「ラッスンゴレライ」
「ダンソン」
「あたりまえ体操」

お笑い好きならもちろんのこと、そうでない人でも、これらのフレーズは聞いたことがあると思う。

そう、これまでにブレイクしたお笑い芸人のリズムネタだ。

それぞれ、

・ラッスンゴレライ=8.6秒バズーカー
・ダンソン=バンビーノ
・あたりまえ体操=COWCOW(カウカウ)

のネタである。

もしかすると、コンビ名よりもネタで名前を覚えているかもしれない。

テレビによく出てくるお笑い芸人のネタのジャンルとしては、

1.漫才
2.コント
3.リズムネタ

の大きく3つがある。

人によっても違うのだろうが、おおむね上記の順番でネタの格式が決まってくる。

簡単に言ってしまえば、

「漫才をやるのが一番エラくて、リズムネタはあまりエラくない」

ということである。

これは、演者であるお笑い芸人だけでなく一般の視聴者にも共通の認識である。

理由の一つは、

「リズムネタ芸人のほとんどが一発屋」

ということがある。

リズムネタは、ブレイクがしやすい反面人気がなくなるのもすごく早いのだ。

こうしたことから、リズムネタというのはよく批判を受ける。

一発屋以外にも、ヤフーやグーグルで検索窓に「リズムネタ」と入力すると、「嫌い」という言葉が一緒に検索されている。

でも、このリズムネタ。

そんなにダメなものだろうか?

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。