鍵は習慣化にあり!自社ブログのリピーターを劇的に増やす3つの手法

山本五十六

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「いや〜貫くね〜」

先日私は、山本五十六の映画を見ました。役所広司さんが主演を務める映画です。

山本五十六と言えば、

「やってみせ 言って聞かせてさせてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

の名言で有名ですよね。

人の上に立つリーダーの心得として多くの日本人に馴染みのある言葉です。

当時の日本という国の状態は、まさに有頂天という言葉が最適でしょう。

日清、日露と勝利し戦争をすれば景気が良くなるという風潮がありました。

講和なんてとんでもない、いわば戦争万歳という意識が多くの日本国民の間に広まっていました。

戦争では勝利していましたが、国内では、かの有名な五・一五事件や二・二六事件のような軍事テロは多発していました、

そんな軍事テロもあり、暗澹たる閉塞感が漂っていたことも戦争を支持する主張を育てたのかもしれませんが・・・

『山本五十六』という映画には、世論を味方につけた戦争推進派の新聞社と山本五十六のやりとりが多く出てきます。

山本五十六は軍人です。

通常であれば、「戦争をやれ〜」とう強気の世論が強まれば「打倒アメリカだ!」ということで意思決定をするでしょう。

これまで連勝なのだから、次も勝つに決まっているというのが当時の常識です。

しかし、山本五十六は断固として戦争に反対したのです。戦争という手段を最後まで一貫して否定し続けました。

なぜ戦争に反対するかと聞かれれば、山本はこう答えました。

「9死に1生あっても、10死に0生はない」

この言葉が、私の胸の奥にずっしりと突き刺さりました。

要するに、戦争は勝ったとしてもその戦争によって命を落とす人は少なからずいるということですね。

戦争に勝利する、相手に大打撃を加えることを考えるよりも確実に生きて帰ってこれるように、努力しなければならないという意味が汲み取れますね。

たまたま無事に帰ってこれたということではなく、できるだけ多くの命を救って勝つということが山本五十六が伝えたかったことなんですね。

これは戦争に関する意見ですが実はWeb集客の考え方にも使えるんです。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。