自分と合うお客さんと仕事をする方法 – あなたはできてる!?トータルテンボスから学ぶクレーム防止の秘訣

  • 「自分と合うお客さんとだけ仕事したいな〜」
  • 「でも、等身大の表現は難しいからな〜
  • 「ついつい無理をしてしまうな〜

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りする。

「ドッキリ番組で冷めてしまう理由」の話から、「自分と合うお客さんと仕事をする方法」についてお伝えする。

ストレスフリーな仕事をするためには、自分と合うお客さんと付き合う必要がある。

そのためには、等身大の表現が必要になってくる。

でも等身大で表現すると、強いメッセージにならなかったりするから、ついつい自分を大きく見せようとしてしまう。

そうなると、常に「盛った自分」でいないといけない。(お客さんは盛った状態を期待しているわけだから)

これじゃ、ホントに自分と合うお客さんと仕事をできるわけがない。

じゃあ、どうすればいいのか。

今回は、そんな「自分と合うお客さんと仕事をする方法」についてお伝えする。

では、さっそく、内容に入っていこう。

まずは、「ドッキリ番組で冷めてしまう理由」の話から。

「あれ、ピンマイクついてない?」

「テッテレー!ドッキリ大成功!」

ドッキリ番組は安定して人気がある。

どのチャンネルでも毎週1回くらいは、ドッキリ番組をやっているイメージ。

ロンドンハーツの「素人ドッキリ企画」辺りから、一気に人気に火がついたイメージ。

最近では、YouTube上でプロのタレントから素人まで、色々なドッキリを仕掛けては笑いを誘っている。

個人的には、お笑い芸人のトータルテンボスさんの「今日のイタズラ」シリーズが好きで、たまに見てる。

こないだも夕食を食べながらテレビを見てると、ドッキリ番組がやってた。

ある女優さんが、お笑い芸人を騙す「お色気」ドッキリ。

「おもしろそうだな。」

と思って見ていたんだけど、開始して10秒位で白けてしまった。

ドッキリにも関わらず、二人とも胸の辺りにピンマイクがついていたんだよね。

さらに、屋外でのドッキリにも関わらず、色々な角度から映像が撮られていた。

「絶対に演者も気付いてるでしょ。これはヤラセだな。」

純粋にドッキリを楽しみたかったのだけど、そんな風に考えてしまって、全然内容が入ってこなかった。

もちろん、別にあら探しをするために、テレビを見ていたわけじゃない。

むしろ、リフレッシュするために、ドッキリを純粋に楽しむ気マンマンだった。

そして、当然テレビ局も、視聴者を騙そうとしていたわけじゃないと思う。

「ヤラセなの?」と聞けば、「いえ、これは正真正銘ドッキリです。」と胸を張って答えるに違いない。

つまり、テレビ局と視聴者との間で誤解が生まれてしまっているわけ。

これは商売でも同じだな、と思った。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。