音楽ビジネスに学べ!無料コンテンツからファン化までの7ステップ

音楽の楽しみ方

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「その歌手好きだけど、CDは特に欲しくないな・・・」

今ってこんな時代ですよね。

私も自宅での余暇の時間、Youtubeで音楽を聞いてくつろいでいます。

一昔前であれば、好きな歌手の歌を聞きたいとなればレコードやCDを買うしか選択肢はありませんでした。

その歌手の歌が聞きたいとなれば、お金を出してCDを買うしかなかったんですね。

しかし今はどうでしょうか?

Youtube
Apple Music
LINE Music
GooglePlay Music

のように、無料あるいは低価格で音楽が好きなだけ聞ける時代です。

好きな歌手のアルバムの簡単に手に入ってしまいわざわざタワーレコードや、HMVに赴く必要はなくなりました。

特にスマホ世代の若者にとっては、音楽=無料という概念の根が強く育っています。

私の同世代の友達に、余暇の過ごし方を聞くと「Youtubeで音楽聞いてるよ〜」なんて人が大多数です。

こんな時代だからこそ、AKBグループは握手会参加券という特典を用意してCDを買わせるのに必死なんですね。

好きだけど、CDを買うほどでもない
好きだけど、ライブは行かない

というような音楽との付き合い方をしている人が大半でしょう。

こんな状況を憎んで

「無料で手に入るから、音楽の価値が下がっちゃうよ〜」
「ほんとにCDを売るのは難しい時代になったな〜」

と地団太を踏んでいる歌手やレーベルも多いとは思います。
私の好きな映画「はじまりの歌」の中でもそのような1シーンがありました。

しかし音楽が「無料」となってしまって嘆くよりも、この「無料」という環境を戦略の中に組み込んだほうが得策かと思います。

音楽が無料で聞けるとなれば、今までよりもより多くの人に届く可能性を秘めているということなんです。

現代の音楽の楽しみ方は

Youtubeで何となく聞く→「いい曲だな」と気づく→その歌手の他の楽曲を聞く→好きになる→ライブがあれば行きたいと思う→応募券付きのCDを買う→ファンになる

という流れになっていることが多いんです。
無料のコンテンツからしっかり、ファンまで育てているんですね。

この7つのステップって、そのままWeb集客でも使えませんか?

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。