頭から離れない!ランディングページで読み手を釘付けにするフレーズ

持ち時間たった3分の熱いバトル

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

雨の降る渋谷・・・
傘をさしながら、歩くこのは屋メンバー・・・

先週、私はメンバーとともに渋谷にあるヨシモト∞ホールに行ってきました。

目的は、お笑い芸人「ビビンバ」のネタを見に行くためです。

「ビビンバ」とは、このは屋番頭の本間勇人の弟さんの属しているお笑いコンビです。

その日はワンマンライブではなく、総勢30組程出場するお笑いイベントでした。

その30組の内、1組だけが次のステージへ進めるという何とも熾烈な戦いでした。

持ち時間3分間で各芸人さんが怒涛にネタを披露し、会場のお客さんが面白いと思った人に投票する形です。

もちろん、私小島はお笑いには厳しいですから(自称)
鋭い眼光で全芸人さん達を審査しました(笑)。

しかしどの芸人さんも面白く、ずっと笑っていましたが・・・

結果的に本間くんの弟率いる「ビビンバ」は2位となりました。惜しくも優勝は逃しましたが、素晴らしい結果ですね。
今後が楽しみですし、大物になって貰いたいですね(^o^)

そして、渋谷から横浜に帰る電車の中で、本間勇人(兄)とその日のライブについて振り返っていました。

しかし、私たち二人は驚くことにどの芸人さんのネタも覚えていませんでした。

これは、私たちが極端に短期記憶能力が劣っているわけではありません。

ただ単純に記憶に残る要素が無かったのです。

「あ~そんな人いたよね、でっどんなネタだっけ?」

というように、うろ覚えもいいところですよね。

芸人さん達はそれぞれ衣装を奇抜にしたり歌を歌ってみたり、声が独特だったりとそれぞれの独自性を出してはいるんですが、いまいち記憶には定着しないんですね。

これまで、爆発的にヒットした芸人さん達を振り返ってみると
とにかく、あるフレーズやキーワード、歌が耳から離れません。

例えば

8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」
クマムシの「あったかいんだから〜」
波田陽区の「残念!」
小梅太夫の「チックしょう〜」
小島よしおの「そんなの関係ねー」「オッパッピー」
バイキング小峠の「なんて日だ」
オリエンタルラジオ(Radio Fish)の「パーフェクトヒューマン」

一部一発屋も含まれていますが、上記の芸人さん達は世の中にブームを巻き起こしました。

例え一回だけでも、世を騒がせたことは事実ですよね。

彼らのネタは、間違いなく耳に残りますし、記憶にも定着します。
それは、ネタが巧妙に作られていて面白いという笑いではなくなんか癖になる面白さです。

いくら綿密にネタを作り上げたとして、ネタの質が良いものでもお客さんの記憶に残っていなければ、その場限りで忘れられてしまいます。

もちろん、ネタの完成度を上げていくことは大切なことですしそれが、お笑い芸人の真価が問われる部分でもあるとは思います。

しかし、ブレイクを狙っていくのであればまずは、聞き手の記憶に少しでも残って貰わなければなりません。

では、どのようにすれば忘れられず、思い出してもらえるネタとなるのでしょうか?

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。