1分で共感を呼ぶプロフィールの作成方法 – モノではなくヒトで戦う時代の特効薬『偏愛マップ』とは?

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「自分の商品の魅力がなかなか伝わらいな」
「自分はどこで差別化したらいいんだろう」
「親しみやすさ、や共感をどうしたら感じてもらえるかな?」

今回はこんな悩みをお持ちの方に向けて書いています。

私の実家への帰省で起きたエピソードをもとに、
「お客さんとの距離の縮め方」について解説します。

モノ余りの時代、コモディティ化した商品は特に差別化が難しいですよね。

私もこれまで、渾身のコンテンツを制作しても、
他と似たり寄ったりになってしまうこともありました。

もちろんコンテンツ自体に強力な強みを付与するもの大切なんですが、
今回は、人間的な部分、つまり提供する「ヒト」に焦点をあてて話をしていこうかと思います。

会話の潤滑油

自慢の魚料理を振る舞う父・・・
近所のケーキ屋さんの話題のケーキを用意する母・・・

「ただいま~」

ついこの間、私は実家の茨城に帰省していました。

いつもは一人で帰省しますが、この日は特別でした。

先述の両親の様態からも推測はできるかと思いますが、この日は特別ゲストが実家に来たのです。

それは

私の彼女です。

両親に直接、彼女を紹介するのは人生で初めてだったので、
少し身が引き締まりました。

私同様、彼女も緊張していたようです。

特に彼女は人一倍の人見知りでした。

しかし、緊張したのも束の間、私の両親の天性の明るさに、彼女の頬も緩みました。

そして、4人で和やかに食事をして話に花を咲かせました。

しかし、彼女と私の両親の間にはまだ隙間が感じられました。

初対面ですから、まだお互いのことを知りませんし、話題も少ないですからね。

すると、両親は

「あっ、じゃあれを見せちゃおうかな!!」

と立ち上がり、何やらアルバムのようなものを持ってきました。

私は

「なんだろう?変なものを彼女に見せるなよ~」

と勘繰りながらアルバムをのぞき込みました。

そこには、私の幼少の頃の写真も含め小島家の家族写真の数々がありました。

そのアルバムを4人でのぞき込んでいるうちに

彼女の方から

「あっお母さん、ピアノやっていたのですか?」
「実は私も習っていたんです!」

というように自分との共通点を探し出し話はどんどん盛り上がっていきました。

すると調子づいた彼女は

「あ、お父さん昔やんちゃしていたんですね」と、当時リーゼントだった私の父の写真を見て言いました。

4人の間には、心地よい笑いが生まれ始め彼女の緊張はすっかり取れ、あっという間に私の家族に溶け込んでしまいました。

そして、帰りの電車で私は彼女に

「今日はどうだった?」

と聞くと

「もう、アルバムで小島家の全てを知った気になってすごい親近感を感じた」
と喜んでいました。

これは、彼女が気を使って言ってくれているかもしれません。

しかし、アルバムを見たとたんピアノをやっていたという母との共通点や、父のリーゼントを話題に持ち出し、とてもイキイキと会話をしていました。

写真が話の潤滑油になったのです。

私はこの一連の出来事から、あることを思い出しました。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。