ひとりビジネスの仕事術- 苦手なことは捨てろ!80対20の法則で売上を上げる方法

「なかなか手残り利益残らない・・・」
「時間が足りない・・・」
「働く時間を減らしたい・・・」

今回はこのような悩みをお持ちの方に向けて書きました。

「笑点メンバー」の話から、「スモールビジネスの役割分担」について解説します。

起業当初、

「何でこんなに頑張っているのに利益が残らないんだ・・・」

とよくパートナーの本間と話していました。

でもそこから下手くそなりにも仕事こなしていき、あるポイントがはっきりしました。

「全部自分一人でカバーする」という思考を捨てたことから、急激に売上、利益ともにガラッと変わりました。

今回はその方法について解説します。

「笑点」にはそれぞれの役割がある。

タッタラ、タラリラ♪タンタンチャ♪

このお馴染みのBGMから始まる番組といったら笑点ですね。

祖父が大好きで、毎週日曜日の夕方になると一緒に見ていたので私自身大好きな番組です。

笑点メンバーの現メンバーといえば
・小遊三さん
・好楽さん
・木久扇さん
・圓楽さん
・昇太さん
・たい平さん
・新メンバーに三平さん
ですね。

ちなみに私の好きなメンバーは、木久扇さんです(^^)

この笑点メンバーにはそれぞれ役割があり、キャラクターがあります。

・歌丸さんを圓楽さんがいじる
・小遊三さんは女ったらし遊び人
・好楽さんは適当さ
・木久扇さんおとぼけキャラ
・円楽さんのインテリ、腹黒キャラ
・昇太さんの独身キャラ
・たい平さんの一芸キャラ

この役割とキャラクターを上手く使い、それぞれの持ち味で、毎週日曜日の茶の間を笑いで賑わせてくれます。

笑点が50年続いた理由は、それぞれの役割分担があるからなんです。歌丸さんも円楽さんがいじるから、引き立つ、価値が出る。

それぞれが、得手不得手をわきまえ、自分の強みを活かすことができるのです。

これは、スモールビジネスでも同じことが言えないでしょうか。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。