4980円のDVDを0円でプレゼント中!

Youtubeの攻略方法− 1000再生も必要ない?新しい動画マーケティングの考え方とは?

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

 

「Youtubeって本当に集客に使えるの?」
「Youtubeに取り組んでいるけど、再生回数が伸びない・・・」
「毎日5本ずつアップしても、問い合わせが来ない・・・」

今回はこのような悩みをお持ちの方に向けて書きました。

以前は私もYotutube動画に取り組んでいました。
しかし、なかなか成果に結びつかなかったんです(泣)

しかし、Youtube動画はマーケティング上とても有効なツールです。

では、どのようにYoutube動画を使えば、成果が出るんでしょうか?

「英会話学習」で気づいた、
「Youtubeマーケティング」でのポイントについて解説していきます。

英会話学校ECCで恋愛物語

「How are you doing?」
「I”m pretty good,Thanks!」

こう見えまして、私小島は大学生時代にカナダのバンクーバーに留学をしていました。

高校時代から英語と世界史の成績だけはそこそこ良かったで、外国には興味がありました。

そこで、大学2年の夏、満を持して外国に飛び立つことを決心しました。

しかし・・・

英語は受験勉強ができただけで、全くと言っていいほど会話はできませんでした。

心配性の私は留学前に、英語の対話力を磨くためにECCに通い始めました。

そして、私はECCに半年間通い、無事に英語の基礎力を身に着けカナダに飛び立ち、さらに英語力を伸ばしました。

本日は、その半年間通ったECCで起きた物語についてお話します。

私が、ECCで受講したクラスは2つでした。

●週2で1時間授業の通常クラス
●2週に1回で5時間授業のクラス

私は、この2つのクラスを受講しはじめました。

私は、人見知りをしないためクラスメートとどんどん仲良くなり、英語学習の進捗も順調でした。

しかし、私は学習の進行と同時に、もう一つの事も進行していました。

それは、です。

実は、前述の2つのクラスで、同時に2人の女性に好意を寄せてしまいました。

できることなら、どちらかの女の子と恋愛関係になれればいいなという思いでした。

しかし、私は無理すること無く授業を受けながら、自然に身を任せていました。

内心「いい風よ吹け!」と思いながら(笑)

2週で1時間授業の通常クラスで、気になっていた子はTちゃん。

2週に1回で5時間授業のクラスで、気になっていた子はRちゃんでした。

そして1カ月後、私は運良くRちゃんと付き合うことができました。

どちらの子もそこまで脈があると感じたことはありませんでしたが、無事に付き合うことができました。

この経験から1つの事がわかりました。

人に、好意を持つのは接触回数だけではないということです。

接触回数が大切であれば、私はTちゃんとお付き合いしていたことになりますからね。

私が当時肌で感じたことは

「頻度が多くてもあんまり仲良くならないんだよなー」

ということです。

頻度が少なかったとしても1回あたりの時間が多ければ短時間で仲良くなれます。

これって、商売おけるウェブマーケティングでも同じことが言えるんです。

「時間」は意外と盲点

「1回あたりの視聴時間=魅力」

商売ではよく、接触頻度が大切ということを聞きます。

接触頻度を高めていけば、相手がこちらに親近感や興味を抱いてくれるからです。

確かに、接触頻度はとても大切なことです。

接触無しに、こちらのことを知ってもらうのは至難の業です。

私の、ECCでのエピソードのように週2で1時間授業の通常クラスで気になっていた子はTちゃん。

2週に1回で5時間授業のクラスで、気になっていた子はRちゃん。

どちらの子も、接触は行っていました。

しかし、回数と時間が違います。

接触というと、ついつい接触頻度、つまり回数ばかりに目が行きがちです。

1回あたりの時間という視点にあまり目が行きません。

例え、1ヶ月に2度3度しか、接触できないとしてもその1回あたりの時間の充足感があれば相手は満足するわけです。

これは、私たちの商売おけるウェブマーケティングでも同じですね。

例えば、Youtubeはどうでしょうか。

少し前までは、Youtubeは再生回数が重要指標とされてきました。再生回数が多ければ、良い動画と判断されるのです。

しかし、今は違います。

今Youtubeが重きを置いているのは、再生時間です。

すなわち、何回見られたかよりも何分、何時間見られたかのほうが重要なことです。

例え、1000回見られたとしても1回あたりの再生時間が5秒では決して良い動画とは言えません。

むしろ、悪い動画と判断されてしまいます。

ブログも同じですね。

ページに訪れてくれても、すぐに離脱されてしまっては役立つコンテンツではなかったということです。

回数よりも時間が大切ということです。

Youtubeで再生時間を稼ぐには

・セミナー動画
・パソコンなどの操作動画

こういったものは再生時間を稼ぐのに効果的なコンテンツです。

再生回数を意識しすぎていませんか?

ぜひ、再生時間、接触時間を意識してみてください。

編集後記

今回は、「Youtubeの攻略方法− 1000再生も必要ない?新しい動画マーケティングの考え方とは?」についてお話させていただきました。

以下の動画では「Youtubeで自分の動画の再生時間を調べる方法」について解説していますので参考にされて下さい。
https://youtu.be/0pMMJPS3TmM