4980円のDVDを0円でプレゼント中!

会社のホームページを外注する時の注意点!自分で更新をオススメする理由とは。

「ウェブというと難しいものだと思っている」
「ウェブ制作を外注しようか悩んでいる」
「専門的な知識が必要で、自分で更新作業は思っている」

今回は、このような悩みを抱えている人に向けてお送りします。

私が昔キックボクシングをしていた時の話から、そこから感じたウェブ制作をする際のポイントについて解説いたします。

では、内容に入りたいと思います。

趣味でキックボクシングを始めた時のこと。

「継続してれば、どんなやつでも強くなれるよ!」

2年前のことですが、私は趣味でキックボクシングジムに通っていました。

運動不足解消が目的で、試合で出たいとか、プロを目指したいとか、そこまでの意気込みはありませんでした。

ですが、せっかく会費も払っていることだしと、週に2回はジムに通い、汗を流すのを日課としてましたね。

自分としてもは、なかなか継続していた方だと思います(^^)

とはいえ、私は学生時代に体育の成績が良かった試しがなく、お世辞にもセンスがあるようには思っていませんでした。

そんななか、ジムのトレーナーさんに言われたのが、冒頭の言葉。

どんなに運動神経が良くても、どんなに喧嘩が強くても、ことボクシングでは日々の練習を継続的に行えないと意味がないそうです。

だから、結局継続しているやつが強くなる。といった理由らしいです。

確かに基本的な動作でも、一朝一夕では身につくものではありませんでした。

日々練習時に自分のフォームを確認、トレーナさんが指摘され修正、指摘後に動作を確認。

このサイクルを何回も継続して、自分のなかでフォームを更新していくしかありません。

地味ですが、これが継続できない人は、いくらセンスがあっても強くなれないのだということが実際に体験してみるとよくわかりましたね。

そして、実はこれ、ウェブ集客でも同じなんです。

更新作業ができないと意味がない

例えば、ウェブ制作会社に外注したとして、自分のイメージにあったオシャレなホームページが完成したとします。

ただ、最初は大満足でしょうが、そこにはある問題があります。

それは、自分で継続的にページ情報の更新作業ができないと意味がないんですね。

というより、これはホームページに限らず、

  • ランディングページ
  • ブログ
  • メルマガ
  • ステップメール
  • ウェブ広告
  • ECサイト
  • お問い合わせフォーム…etc

といったウェブに関係するもの全てに共通することなんです!

なぜなら、内容を更新してその都度修正を繰り返さないとウェブで成果が出にくいからですね。

そして、どんなにいいホームページを制作してもらい成果が出たとしても、それがずっと続く訳ではないです。

その都度、修正は必要になってきます。

自分で出来たらいいですが、HTMLなどの専門的なプログラミング言語で作成されたホームページだとしたら、自分での更新作業はなかなか厳しいですよね。

そこで、外注業者にお願いすることになりますが、こういった更新作業は場合によっては、追加で料金が発生することが多いです。

ホームページを外注した場合、50万円〜200万円はかかります。

それで、追加で料金がかかるとなると、金銭的にばかになりません。

それでも外注業者にお願いしたい場合は、この制作後のサポート内容をしっかり確認していただくとして、だったら自分で出来るようになったらいいなーと少しでも思った方は、「ウェブサービス」の存在を知っておいた方がいいです。

例えば、ホームページ・ブログを制作したい場合、「WordPress」というアプリケーションがあります。

このWordPressを導入すると、管理画面上でコンテンツ内容の修正や更新が可能なんです。

ビジュアルエディタがあり、オフィス系ソフトWordのような感覚でページの編集ができてしまいます。

正直なところ、このWordPressの導入方法を詳しく、しかもわかりやすく解説したブログ記事がネット上に大量にあるので、ウェブ初心者でもWordPressを一昔前に比べて簡単に導入できてしまいます。

といった感じで、ウェブというと難しいイメージがありましたが、今日ではかなりウェブ初心者でも扱えるようなウェブサービスが大量にあります。

ぜひ、自分には難しいものだと決めつけずに、ウェブサービスを利用してみてくださいね。

編集後記

今回は、「会社のホームページを外注する時の注意点!自分で更新をオススメする理由とは。」についてお伝えしました。

大枠のサイトは、もちろん詳しい人に作ってもらうほうがスピーディーに違いありませんが、中身のコンテンツの編集ができないと、後々自分が困ります。

自分で管理してコンテンツを更新出来たほうが、自分のビジネスはやはり自分がよく知っているので、思いが伝わりやすいように思いますね。