4980円のDVDを0円でプレゼント中!

ソーシャルメディアの活用方法- 売れるべくして売れる!「買わせる」よりも「教える」情報発信方法

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「ソーシャルメディアの使い方が分からない・・・」
「ウェブ上でいまいち商品が売れない・・・」
「Facbeookで投稿しても反応がイマイチ・・・」

今回は、このような悩みを抱えている人に向けてお送りします。

私のお気に入りのドラマ「古畑任三郎」の話を元に、「ソーシャルメディアでの情報発信方法」についてお話します。

FacebookやTwitterを使う人は多いですが、きちんと戦略的に投稿できている人は多くはありません。

「こんあ商品出ました!どうですかー?」

という投稿では、当然購入率は上がりません。

今回は、ウェブ上での成約率を上げるソーシャルメディアでの情報発信方法について解説します。

「古畑任三郎」と「ソーシャルメディアでの情報発信方法」の共通点とは一体何なのでしょうか。

常識破りのサスペンスドラマ

「どうも、古畑任三郎です。」

この名前を聞けば、誰もがあの特徴的で重みのあるBGMが浮かぶのではないでしょうか?

既に私の頭の中には流れています(笑)

このは屋では、週に一度月曜日に強制的に休日を取っています。

無理矢理休みを入れないと、メンバー皆が際限なく仕事をしてしまうからです。

休みの日は、メンバー各自で映画を見たり、本を読んだりしています。

そして、昨日がその休日だったのですが私小島は、DVD鑑賞をしていました。

何を見ていたかと言うともう既にネタバレしているかと思いますが

三谷幸喜さんの名作

「古畑任三郎」

です。

田村正和さん演じる名刑事、古畑任三郎が巧妙な殺人事件を見事に暴いていく物語です。

当時のサスペンスドラマからしたらこの古畑任三郎は常識破りだったそうです。

なぜか?

それは、

犯人が先に分かってしまう点です。

通常のサスペンスドラマは、犯人が最後の最後まで分からず、最後のどんでん返しが起こります。

そこに、視聴者はスリルを感じながら夢中になるわけです。

火曜サスペンスなどは、私の祖母も夢中になって見ていました。

しかし、この古畑任三郎は真逆の発想で、番組の冒頭で犯人が殺人を犯すシーンが映されます。

視聴者全員が、番組が始まった段階で犯人を知っているわけです。

それでも、古畑任三郎は大ヒットを記録しました。

視聴者は一対何を楽しんでいたのでしょうか?

その答えは、ずばり



プロセスです。

・犯人は分かっている
・犯人は、証拠を残さない完全犯罪を試みる

そんな状況で

名探偵古畑任三郎がどのように事件を解決するのか?

ここに、視聴者はのめり込んでいったんですね。

先に、結論を見せた上で
プロセスを楽しんでもらうという発想です。

こちら側は犯人を知っているわけですから、その犯人と古畑さんとのやり取りにハラハラドキドキしてしまうわけです。

実は、これって商売でも同じことが言えませんか?

さぁ、名探偵のあなた、ぜひ考えてみてください。

お客様が見たいのは結果よりもプロセス

謎は解けましたでしょか?

スモールビジネス経営者が売っている商品は

・セミナー
・勉強会
・ワークショップ
・個別コンサルティング
・グループコンサルティング
・顧問契約
・コンテンツ販売
・会員制、コミュニティ

など多岐にわたります。

多くは、実態の不明瞭な形のないものがほとんどです。

形のない商品ということですね。

こういった商品を売る場合、しっかりとした説明が必要になります。

ですから、多くの方はセミナーを開催するのでしょう。

セミナーに一度来てもらい、そこで教育を行ってから販売する。

あるいは、ランディングページでも同じことが言えます。

形のない商品は、何の変哲もないランディングページではなかなか売れません。

苦戦苦闘しながら、コピーライティングを施し、しっかりとした論理展開のもと組み立てます。

つまり、しっかりとした教育を行う必要があるわけです。

ここの教育の適切であればあるほど、販売のハードルは低くなりますよね。

無理矢理売るのではなく、

売れるべくして売る

ことができれば、お客様に対して売り込み臭を与えずに済みます。

しかし、教育といっても実は2つあります。

その2つとは

1.商品を買わせる教育
2.商品を教える教育

になります。

商品を買わせる教育とはコピーライティングのように『問題点』 → 『解決策』と提示してお客様に必要性を感じておらう方法です。

もちろん、こちらの方法も商品を販売する段階では必要ですし、長年言い伝えられていた鉄則ではあります。

しかし、このやり方だけでは買ってもらうことはとても困難です。

理由は、シンプルです。

それは

このやり方をしている人が多いからということです。

このやり方は、むしろセオリーということで皆さん導入しています。

ですので、差別化が難しいわけですね。

そこで欠かせないのが・・・

2.商品を教える教育なんです。

これはどういうことか?

やり方は簡単です。

商品が出来上がるまでの過程を見せるのです。

そうです、プロセスですね。

・商品企画をしている様子
・商品が途中まで完成している様子
・商品が出来上がる瞬間
・商品リリースの瞬間
・リリース後のお客様の反応

これらを情報として発信すればいいだけです。

お客様は、

「結果としてこんな商品ができました〜」

よりも

「こんなストーリーがあって、無事に商品ができました〜」

を求めています。

古畑任三郎が、プロセスで視聴者を楽しませたように、
商品ができるまでのストーリーをお客様に発信してみて下さい。

編集後記

今回は『ソーシャルメディアの活用方法- 売れるべくして売れる!「買わせる」よりも「教える」情報発信方法』についてお伝えしました。

・商品企画をしている様子
・商品が途中まで完成している様子
・商品が出来上がった瞬間
・商品リリースの瞬間

を発信していくことで、お客様は自然とその商品に対して愛着が湧いてきます。

あたかも、一緒に作り上げたかのような思いで商品を見てくれます。

商品のプロセスを見せていくことには、それだけの効果があるんですね。

そして、そのプロセスの情報発信をするために有効なのが

ソーシャルメディア

ですね。

あなたの商品サービスができるまでのプロセス、
ストーリーをぜひ情報として発信してみてください。

Facebook、Twitter、Instagram等を使って、

1.商品制作のプロセスや想いを
2.文字や画像、動画を用いて投稿し
3.商品リリースまでの予告を行う

という流れで、1度行ってみると勝手が掴めますよ(^^)

「古畑任三郎でした」(笑)