4980円のDVDを0円でプレゼント中!

ブログ記事の文章の書き方 – キレイな文章じゃなくても大丈夫!文章は会話調でもいい理由とは

「文章にあまり自信がない」
「理路整然した文章が書けない」
「読んでもらいやすい文章を書きたい」

今回は、このような悩みを抱えている人に向けてお送りします。

人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の話から、ブログ記事の文章の書き方について解説いたします。

情報発信でブログを書く時に文章に対する悩みはありますよね。

私自身、文章に対しての痛烈な悩みがありました。

キレイな文章でなけらばならない、読んでもらえないだろうっていうのは正直今でもあります(^^;)

しかし、それでブログ記事を書くことを挫折してしまってはもったいないです。

今回は読みやすい文章とはに焦点をあてて解説したいと思います。

早速内容に入っていきたいと思います!

こち亀の人気の秘密は親しみやすさ。

亀有公園前派出所の警察官、両津勘吉が主人公である漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が2016年09月17日に連載が終了しましたね。

こち亀は1976年から連載がスタートし、2016年まで週間少年ジャンプで連絡をしていました。

歴史が長い漫画ですので、内容は知らなくても名前は知ってるって方も多いと思います。

また、週刊少年ジャンプで40年間一度も休載なく続けられた作者の秋本治さんには脱帽ですね。

両さんのあのハチャメチャな感じの笑いや、時には真面目な話もあったり、といつも読者を飽きさせませんでした。

さて、そんなこち亀ですが、親しみのある絵のタッチが印象的です。

最近の漫画には、迫力のあるキレイな絵のタッチが多い中、親しみのある絵のタッチが個人的には読みやすく大好きでした。

亀有という下町情緒あふれる舞台に完全に合っていましたね。

いつも週刊少年ジャンプが店頭並ぶ月曜日は、どこか懐かしい気持ちになっていたものです。

こち亀のような親しみやすい絵のタッチ。

ブログ記事の文章にもこの親しみやすさは大事だと思うのです。

文章を読んでもらいやすくする工夫。

ブログ記事の文章を書く時に、キレイな文章でなければいけないとお考えではないでしょうか?

ブログはあくまで「役に立つ情報を発信すること」が目的ですので、実はそこまでのキレイな文章は必要ありません。

確かにキレイな文章は書籍や小説、ビジネスメールでなら求められると思います。ですが、Web上ではそこまで求められることはないです。

例えば、学生の時に読んだ国語の教科書は苦痛で仕方がなかったですが、漫画は1日中読んでたとしても全く疲れませんでした。

漫画の文章はキレイな文章ではないですが、読みやすい文章ですよね。

これと同じでブログ記事でも読者に語りかけるような、会話調の親しみやすい文章の方が断然読みやすく感じます。

堅苦しい文章では読みにくいですし、疲れてしまいますからね。それに、人間味もないです。

  • 話しかけるように文章を書く
  • 読者の役に立つような情報を届ける
  • 読みやすさを重視する

ブログ記事を書くときにこれは常に意識していることです。

編集後記

今回は「ブログ記事の文章の書き方 – キレイな文章じゃなくても大丈夫!文章は会話調でもいい理由とは」についてお伝えさせて頂きました。

私自身、文章が大の苦手でしたが、他のブロガーさんたちが書いた記事を読んでいると親しみやすい文章で書かれている方が多かったので、今でも意識しています。

文章はある程度のクオリティで、理路整然とした文章でなくても自分の文章を読んで何かしらの行動に繋がればと、日頃考えながらブログを執筆しています(^^)

この記事への反響