4980円のDVDを0円でプレゼント中!

お客=リスト?マーケティングの数字より大切なこと

「モノ」よりも人

このは屋では、スモールビジネス向けのマーケティング情報について発信している。特にウェブを使って集客を仕組み化していく方法について伝えている。目的は働くことを面白くするため。

いつも集客に困っていて、毎月「今月は大丈夫かな?」という不安を抱えながら働いていては、心に余裕がなくなってしまい、働くことが面白くなくなってしまうから。

集客の仕組み化ができていれば、そういった心配もなくなり、どんどん働くことが面白くなってくる。あなたがイキイキと働いていれば、あなたのお客さんもそんなあなたを見て、もっと働くことが面白くなっていくのは間違いない。

そんな良い循環を生むために、日々スモールビジネス向けのマーケティング情報について発信している。でも、気をつけなければならないことが1点ある。

これは戒めの気持ちを持って伝えさせていただくのだけど、あくまでも仕組みを作ることは手段であって目的ではないということ。

お客=リスト?

仕組み化にばかり取り組んでいると、人間味が失われてしまいがちになる。

今では、ステップメールを筆頭に非常に便利なツールがあるので、それらを使うことで、情報提供からセールスまでの流れを自動的に行うことができる。色々と工夫をすれば、すべてのプロセスを自動化することも難しくない。

お客さんがメールアドレスを登録してくれさえすれば、ある一定の割合で購入してくれるだろうということを統計的に考えて、「成約率は●●%」なんて計算したりする。

もちろん、結果にこだわるために数字を見ることは大切なこと。でも、こだわりすぎてしまうとお客さんを数字で見てしまうことになる。お客さんを「リスト」と呼んでしまうわけだ。

そうなると、どんどんお客さんは人間味を感じなくなって離れていく。人間味を持って接していないのに、人間味を感じてもらえるわけがない。当たり前のこと。

マーケティングやセールスについて学べば学ぶほど、「どうすればもっと成約率が上がるだろう?」「どうすればもっと仕組み化することができるだろう?」と考えるようになる。

つまり、仕組み化という手段が目的に変わってしまう。仕組み化というのは、あくまで手段であって目的じゃない。ウチでいえば、働くことを面白くするという目的を実現するための手段が仕組み化ということになる。

仕組み化することは大切なことではあるけど、常に原点に立ち返って「なんのための仕組み化か?」と自分に問いかけてみる必要があるんじゃないだろうか。

編集後記

「お客さんをリストと捉えることで、一つ一つの取り組みが数字として把握することができる。だから、お客さんをリストとみましょう」という意見もあるかと思う。

でもこの考え方の前提は、「取り組みに感情を入れないことで、一喜一憂しないようにしよう」ということ。本末転倒じゃないかな。お客さんをリストとみて、数字遊びをしたいのであれば、数字ゲームでもやっていればいい。その方がよっぽど面白いんじゃないの。

私たちは「人」がからむ実業をおこなっているのだから、一喜一憂していいんじゃないか。一喜一憂しないために、お客さんをリストとしてみなければならないくらいなら、「一喜一憂してもいい」と認めたほうがいいと考えるのは私たちだけかな。