4980円のDVDを0円でプレゼント中!

ドメインとサーバーの違いを解説 !ウェブサイトを運営する時に必要な知識

「ドメインの役割がいまいち分からない」
「サーバーの役割がいまいち分からない」
「この2つの違いについて知りたい」

今回は、このような悩みを抱えている人に向けてお送りします。

「サーバーとドメイン」について解説いたします。

この2つ、目に見えないものなだけあってそれぞれの役割がわかりにくいですよね。

Webサイト、またはWordPressを運営すると必ず契約することになりますので、それぞれの役割を理解しておくとよりWebに詳しくなります。

では、早速内容に入ります。

ドメインとサーバーの役割

「ドメイン??サーバー??」

Webサイトを運営しようと思い立ったときにこの2つを必ず契約することになりますね。

とはいえ、契約したはいいけどこのサーバーとドメインって一体何なんだ…。

今までWebに触れてこなかった方は、そんな疑問を持つ方がほとんどだと思います。

私自身、当初はこのサーバーとドメインについてよくわかりませんでした。

Webサイトは自力で作成できるようになったけど、普段見ているGoogleにどうやって常に表示させるのか?と疑問に感じて詳しい人に質問してたのはいい思い出。

こういった目に見えないものは、何かに例えたほうがわかりやすいですね。

  • Webサイト → 家
  • サーバー → 土地
  • ドメイン → 住所

と考えるとイメージがつきやすいかと思います。

Webサイト(家)を作るにはサーバー(土地)が必要になります。

さらに、ドメイン(住所)でそのWebサイトを建てた場所を示します。

契約すれば自分のドメインにできる独自ドメインが、すでに利用している場合は契約できないのは、世界に一つしかないWeb上の住所だからなんですね。

こう考えるとイメージがしやすいと思います。

後半ではそれぞれ詳しく解説していきます!

ドメインとサーバーについての解説

1.ドメインとは?

現実の住所とは違ってドメインの場合は自分で名前をつけることができます。

とはいっても、世界に同じドメインは一つしか存在しないので早いものがちなんです。

URL : http://sample.comsample.comの部分がドメインになります。

.com以外にも「.jp」「 .net」「.info」などなど種類はここでは上げきれないほどです。

値段はドメインの種類によってピンきりですが、年に数百円〜数千円です。

毎月ではないのが嬉しいですねちなみに「.jp」は料金が高いです。

SEOにも強いと言われていて、大規模サイト向けですね。

【独自ドメインを取得できるサイト】

01

お名前.com

02

ムームードメイン

03

バリュードメイン

2.サーバーとは?

サーバーに詳しいエンジニアを「インフラエンジニア」といいます。

インフラというと基盤といった意味がありますね。

サーバーは、Web上のインフラとなるものです。

このサーバーに、HTMLとCSSで作成したWebサイトを配置し、独自ドメインを紐付けてWeb上に公開します。

実はサーバーは自宅でも作れてしまうのですが、専門的な知識が必要な上に専門機材で場所をとられてしまいます。また、24時間電気をつけっぱなしでセキュリティの心配を常にしていなければいけません。

IT企業でもない限り、こんなことは一般の方々に管理するのはとてもじゃないですが不可能ですよね。

とはいっても、Webサイトを運営していくには、サーバーとドメインは必須です。

なので、レンタルサーバーを契約し、毎月料金を支払うことになる訳ですね。

レンタルサーバーを契約すれば、こうした手間をサーバーの専門家が全て管理してくれます。

しかも、料金も月数千円とそこまで大きな費用はかかりませんね。

ちなみに、無料のサーバーも存在しますがあまりオススメしません。

不具合があってもサポートが弱いなどの理由がありますし、回線が遅いなんて話も聞きます。

ちなみにオススメのサーバーは、エックスサーバーです。

エックスサーバーは、高性能なサーバーとして有名ですね。

実際、管理画面もわかりやすく不具合が少ないサーバーです。

料金が安めに抑えたい場合はロリポップがオススメです。

こうやって、ドメインとサーバーの役割がわかってくると、アメブロでなくWordPressでブログを運営しましょう!

と、情報発信しているブロガーが多い理由が見えてきますね。

アメブロはサイバーエージェント社のウェブサービスで、サーバーもドメインも向こうが管理しています。

ここまでの解説を読んでいただいた方ならわかる通り、アメブロはサイバーエージェント社の管理する土地と住所を借りて運営することになります。

現状そんな情報はないし、当分ありえないと予想されますが、万が一サイバーエージェントが「Ameba(アメーバブログ)」サービスをやっぱ辞めます。となったり、なんらかの理由でウェブサービスが提供できなくなった場合、何の文句もいえません。

それに、ウェブサービスによっては独自ドメインを設定できますが、現状アメブロはできないです。
(ウェブサービスで独自ドメインを設定できる場合は設定した方がいいです。)

極端な話しですが、変化の激しい現代ですので、絶対に有り得なくもないのでは?と思っています。

なので、情報発信の拠点であるブログを自分の土地・住所で管理しましょうという。

自分でウェブサイトを作成するのは、技術的に見ても現実的でないので、コンテンツを管理を簡易的にできるWordPressで行いましょう。

というのがブロガーがWordPressを押している理由ですね。

以上、ドメインとサーバーについて簡単に説明しました。

これから、WordPressなどのWebサイト運営を始めたい方や、ドメインとサーバーは契約したけどきちんとした役割や意味は知らなかったという方の役に立てば幸いです。

編集後記

 

今回は「ドメインとサーバーの違いを解説 – 意外と知らない!今後Webをやるなら必須の知識」についてお伝えさせて頂きました。

独自ドメインを利用した方がSEOにも強いといわれています。

現実世界でも同じですが自分のちゃんとした土地と住所があると安心ですよね(^^)

独自ドメインを契約して、契約しているサーバーと紐付けて利用するのは手間ですがそういった意味があります。

ドメインとサーバーの知識を抑えておくと、ウェブを扱う場合なにかと便利ですよ。

そういったウェブに関する有益な情報もこのは屋が運営するオンラインサロン&スクールうぇぶ寺子屋「鼻歌組」で公開しております。

興味のある方は以下のウェブセミナーをご覧になってくださいね(^^)