4980円のDVDを0円でプレゼント中!

ブログとランディングページの文章は長い方がいい?リンカーンのゲティスバーグ演説に学ぼう

リンカーンのゲティスバーグ演説

「人民の、人民による、人民のための政治」

リンカーンのゲティスバーグ演説はとっても有名。「人民の、人民による、人民のための政治」というフレーズは、アメリカだけでなく、日本に住む我々ですら知っている。

ただこの演説、有名なのはフレーズだけじゃないということを知ってた?実は、他の演説に比べて、圧倒的に「短い」ことでも有名。どれくらいだと思う?

1時間?2時間?それとも、30分?いや、たったの「2分」。通常の演説が、15分から長いものだと2時間に渡る中、ゲティスバーグ演説はわずか「2分」という短さだった。

リンカーンはこの2分だけで、歴史に残る名演説を披露した。大統領や講師など、後世の人間の多くがリンカーンの演説を参考にしたそうだけど、ポイントは3つに絞られるという。

1.短い、2.わかりやすい、3.繰り返す。この3つがゲティスバーグ演説が秀逸な理由なのだそう。「短い」というのは、2分という演説の時間からも明らかだよね。

「わかりやすい」というのは、難しいラテン系の言葉を使わないで、簡単なアングロサクソン系の言葉を使ったということらしい。また、「繰り返す」というのは、同じ意味の言葉はできるだけ1つの単語を繰り返すということ。

これらの要因によって、演説がひとつの話題に集約されて、シンプルに伝えたい事を伝えることができたというわけ。その結果、ゲティスバーグ演説はアメリカの歴史に残る名演説となった。

この3つのポイント。実は、ウェブ集客におけるブログやランディングページの文章でも同じように大切となってくる。

ブログもランディングページもゲティスバーグ演説と同じ

「短い、わかりやすい、繰り返す」

この3つのポイントは、ブログ記事を書くときもランディングページのライティングの際にも活用することができる。

実は、近頃のコンテンツマーケティングの流行の結果、誤った認識がWeb界隈で広まっている。それは、「コンテンツは長ければ長いほどいい」という認識。ブログ記事であれば、5千文字以上、ランディングページであれば、ひたすら縦長にする、といった感じ。

曖昧さを残さずに一刀両断してしまえば、これは完全に間違っている。短期的にみた場合は、異なる場合もあるけど、長期的にみた場合、大切なのは圧倒的に「量」ではなく「質」。

ブログもランディングページも、ただ単純に「文字数が多ければいい」というわけじゃない。「ユーザーの要望が満たせればいい」。これこそが明らかな目的。

もちろん、結果的に文字数が多くなる場合もあるけど、あくまでもそれは結果論。少ない文字数で、ユーザーの要望を満たせるのであれば、1,000文字程度でも一向に構わない。

仮に、長い文字数のコンテンツのほうが「上位表示」されるとしよう。でも、ただ長いだけで読まれなかったら意味がない。目的は、検索結果の上位に表示することでもなければ、ソーシャルメディアでシェアされることでもないからね。

あくまでも、「ユーザーの要望を満たすこと」であって、実業を行っている方であれば、その先の「商品・サービスの購入」のはず。ひたすらに文字数を増やして、上位表示ばかりを狙っている人は、「手段」が「目的」になってしまっているわけだ。

それでは、ゲティスバーグ演説でリンカーンの前に2時間もの演説をしたけど、まったく後世に伝えられることのなかったエヴァレットの基調演説と同じになってしまう。要するに、校長先生の演説と同じということ。

それに、そのうちGoogleが検索順位のアルゴリズムをまた変更することが予想される。なぜなら、Googleは「ユーザーの要望を満たす」コンテンツを上位表示したいから。

つまり、ユーザーの要望を満たすために、必要な時間が2分なら2分で大丈夫。必要な文字数が1,000文字なら1,000文字で大丈夫。なわけ。

これは、ブログ記事でもランディングページでも変わることはない。あくまでも、目的は、ユーザーの要望を満たすこと、その上で、商品、サービスを購入してもらうこと、ということを忘れることなく、ウェブ集客に取り組んでいこう。

以下の無料ウェブセミナーでは、「量」に頼らないウェブ集客を学ぶことができるので良かったら。

https://konohaya.com/webinar/access-2-35003.html

編集後記

リンカーンのゲティスバーグ演説をはじめ様々な名演説を解説してくれている本がある。

■ あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) 川上 徹也著
https://www.amazon.co.jp/dp/4569773753

今回の記事の元ネタとなった本なので良かったら。