4980円のDVDを0円でプレゼント中!

セミナーで顧客獲得できる最大のスキル『予測力』

幼少時代のカード遊び

「こうきたら、こうくるな」

こんなことをして、幼少時代は遊んでいましたね。

ポケモンカードや遊戯王カード遊びは、こんな駆け引きをしながら夢中になっていました。

友達との勝負に勝つために、自分なりの戦略の中でやっていたんですね。

子供ながらに、相手の持ち札や打ち手を予測していました。

このモンスターには、このモンスターを。
この技には、この技を。

というように、頭のなかで組み立てていたんですね。

そしてその予測が見事に当たると、

勝負アリ!

となります。

これは、セミナー営業でも同じです。

セミナー営業でも、相手の弱点を知る

前回は、セミナー内でのノウハウの割合についてお伝えしました。

ノウハウの3分割やってみましたか?(^^)

セミナーで言えば、ノウハウがあなたの攻撃に当たります。

至極のノウハウを、どうだ!!と参加者に伝えるわけです。

でも、ノウハウという攻撃だけでは、セミナー営業という勝負には勝てません。

ポケモンカードや遊戯王カードと一緒で、向こう側には相手がいるわけですね。

相手=セミナー参加者

ということになりますが、相手の出方を考えていないと、どんなに攻撃をしても勝てません。

ポケモンで例えますね。

炎タイプのポケモンVS水タイプのポケモン

が戦うとして、この場合、炎タイプのポケモンは不利です。

いくら火炎放射(かえんほうしゃ)で攻撃をしても、水タイプのポケモンに無効です。

しかし水タイプのポケモンが、水鉄砲を放てば、炎タイプのポケモンはたちまち、打撃を受けてしましまいます。

これは、どちらが強いか弱いかではなく、

弱点がある

ということです。

弱点を徹底的に攻めれば勝てますよね。

あの孫子の兵法にも、

『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』

という有名な言葉があります。

セミナー営業でも、相手を知るということが成約率を上げるポイントになります。

では、セミナーで相手の弱点を知るということはどういうことでしょうか。

それは、

断る理由

になります。

セミナーで商品・サービスが売れないのは、単純に参加者の中で断り文句があるからです。

  • お金が、、
  • 知り合いとの関係性で、、
  • 時間が、、
  • 似たような商品持ってるし、、

という、文句が必ずあります。

必要性が多少なりとも感じてセミナーに足を運んでくれているので、全く商品・サービスに興味がないわけでもないはずです。

でも、実際の購入に繋げるには、壁が存在します。

なので、対策としては、

事前に相手の断り文句を予測する

ということです。

そして、セミナーの内容に盛り込みます。

こうしておくと、「こうきたら、こうくるな」というシナリオを予め用意しておくことができます。

ぜひ、断られる理由を考えておきましょう。