4980円のDVDを0円でプレゼント中!

セミナー運営の裏側!セミナー撮影業をやっていたからこそ分かること

セミナー営業

前回はセミナーについてお伝えしました。

おかげさまで、ここ1年間ずっとセミナーでの商品販売の成約率を60%以上を維持しています。

セミナー自体は5000円以下で行っているので、その後にバックエンド商品を売っていく必要があるんですが、売り込むことなく自然に売れています。

バックエンド商品の中には、100万円の商品もありますが、価格関係なく自然と売れていきます。

先日ある食事会で話を聞いても、平均良くても20%位が平均らしいので、嬉しいことですね(^^)

「ぜひ、そのセミナーのやり方を教えてほしい」

という声も多数頂いているので、この場を借りてお伝えしていこうと思っています。

僕は、セミナーで売上を安定的に上げていく方法を「セミナー営業」と呼んでいます。

「おい。普通じゃなーか!」とツッコんで頂いた大阪方面の方、ありがとうございます(笑)。

セミナー営業を行うことで、毎月の売上は安定していきます。

でもですね、、、、

「なんで小島がセミナー営業について話すんだ?」

と訝しげに思う方もいるかもしれません。

僕もわかりません。(笑)←ウソです!!!

セミナー撮影業をやっていた時に気づいた事

実は、僕は以前セミナー撮影業を営んでいました。

講師、コンサルタント、士業、整体師といった方向けのサービスです。

  • セミナーを撮影して
  • セミナーの運営もサポートも行い
  • その他のマーケティング支援もする

を行っていたんです。

著者や有名人、様々な方のセミナーや講座、塾に関わってきました。

その中で、講師の方が最後に言うんです。

「◯◯というサービスに興味がある方はお申し込み下さい〜」と。

そして、平気な顔して50万円以上の商品・サービスを売るわけです。

僕は、運営のサポートもしていたので、申込用紙も管理していました。

なので、リアルな申込み者数も分かってしまいます。

売れている人は売れるんです。

逆に、売れない人は全く売れません。
(この時、結構気まずかったりしますwww)

その両者に、話すスキルの差、プレゼンスキルの差は見られません。

「ん?なんでだろう?」と思っていました。

モノが売れているセミナーの共通点

さすがに、沢山のセミナーに関わってくると、その理由が分かってきました。

モノが売れるセミナーとモノが売れないセミナーには明確な違いがあるということ。

そして、モノが売れているセミナーには例外なく共通点があるということ。

これがわかった時、「この仕事をしててよかった〜」と思いましたよ(笑)。

セミナー撮影が終わり、懇親会が終わり、帰りの電車で講師と一緒になることも多かったんです。
この電車の中でも、うまく商品が売れるセミナーのポイントを講師から直接聞くことができました。

モノが売れるセミナーには、鉄則、パターンがあったんですね。

そこから、”セミナー研究シート”を作り、セミナーをオタクのように研究しはじめました。

セミナーをやれば、決まって売上があがる

と判明したので、自社でもセミナーを開催していこうという意気込みで勉強しました。

売れているセミナーの共通点だけを集める。

このやり方で、体系化していきました。

その具体的な内容については、次回お話しますね(^^)

100以上のセミナーに関わってわかった共通点についてシェアします。

お楽しみに!