脱没個性!9割の人が知らないメルマガに圧倒的な魅力を持たせる方法

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「いまいちメルマガが続かない」
「メルマガで商品が売れない」
「自分のメルマガって面白いのかな・・・」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

多くのスモールビジネス経営者が直面する「メルマガで競合の差別化する方法」について解説していきます。

私も数年前までは、半信半疑でメルマガを発行していました。しかし、いまでは着実にブランドが確立されてきました。

メルマガ発行者がひしめく中で、自分のポジションを確立するためのメルマガ発行方法とはいったい何なのでしょうか?

「小泉首相だけはなんか好きだったんだよな〜」

最近は、ビジネス書に限らずあらゆる分野の本を読むことを心がけています。

そこで最近読んだ本がこれです。
あの演説はなぜ人を動かしたのか (PHP新書) | 川上 徹也

日本の歴代首相やアメリカの歴代大統領などが主な登場人物です。人を動かす話し方に関する本で大変読みやすくまとめられていました。

私がこの本について、このは屋のメンバーに話すと話題は日本の歴代総理大臣の話になりました。そこまで政治について熟知してはいないので深い議論にはなりませんでしたが・・・(笑)

しかし、皆が口を揃えて言っていたことがあるんです。

それは、

「小泉首相はなんか好きだったんだよな〜」

ということです。

つまり、政治について決して明るくはない人でもなんとなく小泉元首相には好意を持っているということです。

小泉さんといえば「自民党をぶっ壊す」というトゲのあるフレーズで多くの国民の心を掴みました。郵政民営化を錦の御旗として最後まで貫き「小泉劇場」によって話題を生みました。

多くの人に揶揄されながらも、軸ブレを起こさず戦う姿はまさに、”ヒーロー”だったのでしょう。

例え政治を知らない若者だとしても小泉さんだけは知っている。

しかも、

「何か好き」
「どこか魅力的」

と思われるのです。

なぜでしょうか?

決定的な理由は「キャラクター」なのです。

投票をする人全員がマニフェストや政策についてきちんと理解しているかといえばそんなことはありませんね。

投票する側も人間ですから感情で大きく左右されるのです。そのときに、その人の持つ想いや独自のキャラクターによって人々は最終的な判断を下すのでしょう。

最後は「キャラクター」が大切ということですね(^^)

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。