メルマガが突破口?成約率100%の商品を生み出す商品作りのすすめ

「創って、作って、売る」のサイクル。

おじま はやと(お兄さん)
このは屋のお兄さん。茨城出身のおばあちゃん子で、持ち味は皆を幸せにする笑顔。相撲には目がなく、朝青龍のモノマネを得意とする。趣味は料理で得意料理は祖母直伝「きんぴらごぼう」

「2年で会社を変えられますか?」

ここ数日私は、三枝 匡さんの著書「V字回復の経営」を読んでいます。

私自身も、先輩方からおすすめされた本なので経営者であれば誰もが知る名著なのかなと思います。

内容をナナメ的に言うと、凄腕コンサルタントが業績不振の会社を2年で立て直すというストーリーです。

その立て直してく過程の中に、業績不調の会社で起こり得るパターンや危うい傾向などが示唆されています。

ストーリー仕立てになっているので、とても読みやすく難しい話でもすっと頭に入ってきますね。

ここで私がこの本について長々と論評してもあまり求められていないと思いおますので(笑)
印象に残った1つのフレーズを紹介したいと思います。

そのフレーズとは、「創って、作って、売る」です。

これは、物語の中に出てくるコンサルタントが商売のサイクルの基本として掲げていました。

そしてこのサイクルをどれだけ早く回せるかが業績アップの鍵と説明していました。

1つ1つの意味は

●創って
企画や商品自体のアイディア立案

●作って
商品・サービス自体の制作

●売る
顧客に届ける営業行為

という事になります。

要するに、成績の好調な企業はこの循環が速いんです。

連鎖的に、商品開発から販売まで一気通貫して行っているというわけですね。

V字回復の経営に出てくる話は題材が大手企業なだけに青二才の私にとっては、正直ピンとこない話でした。

しかし私は気づきます。

「あ、これ数ヶ月前に実践していたな〜」と。

そうなんです。

この、「創って、作って、売る」のサイクルを小規模なりにも行っていたんです。

その方法とは・・・

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。