4980円のDVDを0円でプレゼント中!

メルマガを15分で書く!?時間効率よりも継続配信するためのヒント

短ければ短いほど良いの??

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。

「今日のメルマガは15分で書けました。」

仕事柄、様々なメルマガを購読しているが、たまに驚くようなことを書いているものがある。

今回のメルマガは15分で書けましたとか、30分で書けましたとか。

「よく堂々と言えるな~」

と思ってしまう。

個人的には、そういった部分は、「声を大にしてエラそうにすべき部分ではない」と考えている。

だって、私が読者だったら15分とか30分とかで、テキトーに書いた文章より、一生懸命に、5時間くらいかけた文章のほうが読みたいから。

もちろん、それくらいの時間をかけてほしい、って言ってるわけじゃない。

5時間はちょっと長過ぎだ。笑

ただ、テキトーなものを提供してほしくない。

もし、15分とか30分で書いたとしても、それをエラそうに自慢してほしくないということである。

本来、メルマガは「内容」が大切なのであって、書いた「時間」は一切関係ない。

(こう感じるのは私だけだろうか。そうでないことを願って。)

ではなぜ、ある業界ではメルマガを短い時間で書いたことを自慢する人が後を絶たないのだろうか?

5時間かけたって全然いい。

「手段が目的になっているから。」

この一言に尽きるのではないだろうか。

メルマガは「内容」が大切なのにも関わらず、「時間」を取り上げて声高に主張する。

ここからわかるのは、「メルマガを発行する」という手段が、目的化してしまっているということだろう。

マーケティングのお勉強のし過ぎである。

メルマガというのは、お客さんと接する手段であって、決して発行すること自体が目的ではない。

そのことを理解していれば、大切なお客さんに向かって、

「今日のメルマガは15分で書きました。」

なんておよそ言えないだろう。

もちろん、メルマガに時間をかけ過ぎてしまう人が多いから、15分でも書けますよって伝えているんだと思う。

でも、今回お伝えしたいのは、メルマガが15分や30分で書けなくても、たとえ5時間かかってしまったとしても、自分を責める必要はない。ということである。

メルマガに慣れていない人は、15分で書けましたとか30分で書けましたとか言われてしまうと、「長い時間をかけてはいけないのか」と考えてしまうだろう。

・せっかく、メルマガに取り組んでみたのに5時間もかかってしまった。
・やっぱり、自分にメルマガを書く才能が無いのか・・・。

となってしまったら本末転倒だ。

要するに、簡単さのPRが相手を苦しめるものとなってしまっているわけである。

大丈夫。メルマガは5時間かけてもいいのだ。

そのくらいの価値がある。

このは屋のメルマガも5時間かかるときだってある。でも、私たちはそれでOKだと判断している。

メルマガは大切なお客さんと、最前線で接するメディアだからだ。他の業務より圧倒的に優先順位が高いのだ。

「書き上げる時間」というこちら都合のモノではなく、「内容そのもの」というお客さん目線のモノの方がよっぽど大切なのはいうまでもない。

これからもこのは屋のメルマガは、最低でも1時間以上かけたものを発行していく。

メルマガを書くのに時間が、かかってしまったとしても全然大丈夫だ。

ぜひあなたも素敵なメルマガを発行されてみてほしい。

編集後記

今回は「メルマガを15分で書く!?時間効率よりも継続配信するためのヒント」についてお伝えさせて頂いた。

「メルマガを短い時間で書けない」という声をよく聞くので、このは屋の意見をお伝えさせて頂いた。

ご参考になれば幸いだ。