メルマガの開封率は見るな!数字を気にせずにメールマガジンを配信する方法

honmaya
ほんま はやと(番頭さん)
このは屋の番頭さん。「和」をこよなく愛し、普段からゲタを履いている。好きな食べ物は、笹団子、ちまき、お新香。好きな飲み物は、梅こぶ茶。座右の銘は「足ることを知る」。
  • 「メルマガの開封率をアップさせたい!」
  • 「メルマガの開封率を測定してるけど、数字が改善しない」
  • 「手っ取り早くメルマガの開封率をアップさせる方法はないの?」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りする。

「メルマガを発行すべき理由」から、「告知をメルマガだけに頼る危険性」についてお伝えする。

私たちも毎日メルマガを発行しているけど、告知媒体はメルマガだけを利用しているわけじゃない。

メルマガの重要性を認識しつつも、その限界を知ることで開封率に対する考え方も変わってくる。

ぜひ参考にしてみて欲しい。

では、さっそく、内容に入っていこう。

メルマガは読まれていないと心得よ

スモールビジネスのウェブマーケティングにおいて、メールマガジンを発行することは必須だ。ブログやYouTubeはやらなくてもいいけど、メルマガは絶対にやらないとダメ。

いくら優れたアイデアや企画を、四苦八苦して形にしたとしても、それを案内できるお客さんがいなければ、誰も気がついてくれない。

例えば、あなたがセミナーを開催することになったとしよう。

そのときに、メールマガジンを発行していれば、購読者の方に案内することができるけど、発行していなければ案内することができない。

そうなると、チラシを持って交流会に出かけたり、セミナー告知サイトに登録したりしないとならない。

1回だったらいいけど、セミナーを開催する度に毎回そんなことをしていたら、セミナーを開催すること自体がおっくうになってしまうよね(^^;)

だから、ブログやYouTubeはいいとしても、メルマガは絶対にやらないといけない。

これは、「スモールビジネスのマーケティングの基本中の基本」だから抑えている人が多い。要するに、メールマガジンは誰でも発行している。

(もし、メルマガを発行していないなら、今すぐにでも発行しよう!)

だけど、DMやニュースレターを送っているだろうか?

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。