ランディングページ制作のポイントを解説 – まずは6割を意識!ランディングページ制作が楽になる考え方とは

のざわ しょう(意匠さん)
このは屋の意匠さん。意匠とは現代風にいうとデザイナーのこと。以前は茨城県で工場員だったが、プログラミングを学びたいと思い上京。このは屋では、主にWebデザインを担当。

「商品を売り出すためにもランディングページを用意したい」
「しかし、ランディングページ制作に壁を感じる」
「できれば、ランディングページを自作したい気持ちはある」

今回は、このような悩みを抱えている方に向けてお送りします。

私が学生のやっていたバンド活動の話から、ランディングページ制作の考え方について解説いたします。

せっかく商品を練りに練っても案内するためのページがないと、広告を打てずもったいないですね。

では、内容に入りたいと思います。

デモテープがオリジナル曲の要

学生でも、趣味で社会人の方でも、バンド活動をしている方も多いかと思います。

バンド活動といえば、メンバーも揃いコピーを重ねていくとオリジナル曲を作るフェーズに入ります。

せっかくなら、オリジナルな曲を作りたいと考え始めますよね。

私は作詞・作曲はまったくできませんが、友人がよくオリジナル楽曲を作成している様子をみていました。

オリジナル楽曲を作る時、バンドメンバーの中から一人がデモテープを作りメンバーに共有します。

私たちの時代はテープというより、ガラパゴス携帯の録音機能でしたが(笑)

このデモテープの段階で完成度の高いものは作りません。

曲の大体のイメージが伝わればいいので、6割型の完成度です。

そのデモテープを元に曲のイメージを膨らませ、楽器で肉付けをしていきます。

それをブラッシュアップしていき、オリジナル曲を完成させるのが定石でした。

この工程を何度も重ねているうちに、バンドのオリジナル曲は精度のいい曲ができあがります。

これって、商品案内の際に使うランディングページ制作でも同じことが言えるのです。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。