4980円のDVDを0円でプレゼント中!

商品・サービスの申込は「決済と同時」にする

「入は早く。出は遅く」

これは商売の鉄則。

入金はできるだけ早くなるように、出金はできるだけ遅くなるように努力する。

ウチでも、この商売の鉄則にしたがってきた。

具体的には、セミナーやワークショップをはじめとした商品・サービスは「完全前払い」。

広告費や通信費などの経費はすべて「クレジットカード支払い」。

何ヶ月も先の売掛がある上に、支払は最低でも1ヶ月先なので、手元のキャッシュがうるおう。

そのキャッシュを広告費や研究開発費にかけることができるので、また余裕キャッシュが増える。

「入は早く。出は遅く」を徹底することで、良質なサイクルを創り出すことができる。

今回、このサイクルをより徹底するようにした。

商品・サービスの申込は「決済と同時」にする

セミナーやワークショップをはじめとした商品・サービスの申込を「決済と同時」にした。

どういうことか。

これまでウチのセミナーやワークショップ申込のお客さんの流れは、

  1. 申込みフォームで名前やメールアドレス、参加日程を選択して申し込む
  2. 自動返信メールで参加費決済のリンクと振込口座が届く
  3. 参加費を支払って、本申込

の流れだった。

これを「申込の時点で参加費を決済する」に変えた。

まさしく、完全前払い。参加費用を支払わないとフォームの送信すらできない。

なんで商品・サービスの申込は「決済と同時」にしたのか?

ちゃんと理由がある。

キャンセル率が脅威の20%!

1つは、キャッシュフローがより安定するということ。

前半で触れたように、入は早ければ早いほうがいい。

申込と同時なら、予約販売を除けば究極の前払いになる。

でも、商品・サービスの申込を「決済と同時」にした理由はそれだけじゃない。

驚くなかれ、実はウチのセミナーやワークショップの申込後のキャンセル率は脅威の20%だった。

5人に1人は申込後に決済をせずに、リマインドメールを送っても何の連絡もなしのキャンセルという状態。

人としてどうかと思うけど、せっかくブログ記事やメルマガ、ステップメール、あるいは広告費をかけて申込を獲得したのに、これじゃ困ってしまう。

特に広告に関しては、申込というコンバージョンをベースにその後の広告費を決めていくので、正しい判断ができなくなる。

我々のようなスモールビジネスにとって、日々の広告費は大切な大切な、本当に大切なもの。

1件のコンバージョンだって無駄にしたくないのに、キャンセル率は脅威の20%(これじゃ、コンバージョン詐欺だ!)

これは大問題ということで、申込を「決済と同時」にした。

申込が決済と同時なら、申込後に参加費を支払わないという「コンバージョン詐欺」もなくなる。

これで、広告運用を正しく判断できるようになった。

何よりも「なんで申込んだのに、料金を支払わないんだろう?」というストレスを感じずに済む。

あやうく人間不信になるところだった。(危ない、危ない)

「減らそう。」

申込が「決済と同時」ということは、支払方法も限定される。

当然、銀行振込は受付けることができない。

銀行振込といえば、決済手段においてメイン中のメイン。

その銀行振込を受付けることができないんだから、参加者はある程度減ってしまうかもしれない。

でも、それでいい。

最近ウチのメンバー間では、「減らそう」という言葉が口ぐせになっている。

  • タスクを減らす
  • 読む本を減らす
  • 食べる量を減らす
  • LINEの友達を減らす
  • ・・・etc

あげく、お客さんも「減らす。」

減らせば集中することができる。

今まではできなかっただろう顧客サポートも、コアなお客さんに手厚くすることができる。

販促だってそう。

リストが多過ぎて、手がつけられなかったDMやニュースレターだって、コアなリストにだけ送るんであれば可能になる。

増やそうとするからブレる

でも、一般的には反対に考えられてる。

増やせば増やすだけいいと考えられてる。

だから、ブレる。

それこそ、申込をしたのに料金は支払わない人のために、銀行振込を用意しとかなければならなくなる。

違う違う。

それよりも、2ヶ月も3ヶ月も先の日程なのに、カードで先に支払ってくれるお客さんを大切にしたい。

こちとら万人を大切にできるほど、器用じゃない。

スモールビジネスは同じスモールビジネスの悩みや苦労、心配事を共感できるはず。

自動車教習所でも教わったじゃないか。

「思いやりの心」「譲り合いの心」が社会では大切だと。

ウチは同じスモールビジネスとして、共感し合えるお客さん以外は「減らす」と決めた。

その代わり、共感し合えるお客さんと深い付き合いをしていきたいと思う。

「自分らしく働きたい」と思ってはじめた起業、フリーランス、脱サラ。

自分の働きやすさは、誰に何と言われようと、最優先で死守したいもの。

さぁ、減らそう。