Facebook広告の画像サイズの心配不要!専門知識無しで高反応の広告画像を素早く作る方法

お師匠様!褒めてください!Webが大の苦手の私がFacebook広告の配信に乗り出そうとしています。
おお〜そうか。頑張っているな坊主!順調に進められそうか?
途中まで勢いがあったのですが、広告画像のところで躓いてしまいました・・・
ほ〜。広告画像について何が問題なのじゃ?
Facebook広告で使用する画像のサイズです。他にも文字の割合とかの規定があるらしく・・・そもそも僕みたいなWebの初心者には広告画像を作るなんてとても無理ですし・・・
そんなことなら心配いらん。
え?どういうことでしょうか?でも画像ってとても大切です、、、
画像はそもそも作る必要もないし、もし作るとなっても専門スキルは一切いらないぞ!
本当ですか?
うむ。初心者でも簡単に効果の高い画像を作れる方法があるのじゃ。
お師匠様!今すぐ私に伝授して下さい・・(泣)

「Facebook広告では画像が大切」といたるところで言われています。
広告に使う画像となると、マーケティング観点が必要とか、テクニカルなWeb制作スキルが必要だと思うかもしれません。

さらに、画像のサイズやテキストの文字数など多くの疑問が生じます。坊主のように、こういった部分で躓いてしまう人が案外多いんですね。

そこで今回は、Facebook広告で使用する画像のサイズやテキストの割合について解説します。
さらには反応が高まる広告画像の作り方も公開しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Facebook広告における画像の重要性

今や最大のSNSとなったFaebook。毎日のようにFacebookに触れていることと思います。
Facebookに触れる頻度が増す分、当然Facebook広告を目にする機会も増えますね。

スマートフォンを片手に、何気なくFacebookを見ていると、

「お、これ勉強になりそう」

と反応し、タップして外部のページに飛んで何かの申し込みや登録をした人は稀ではないでしょう。

この時、なぜ反応してしまったのでしょうか?

恐らく以下のように理由だと思います。

・画像が目に留まった
・画像の文言に惹かれた
・画像の雰囲気でなんか良さそうだったから

もちろん、広告文やテキストをしっかり読んで、自分のためになる情報だと判断する方もいると思います。
しかし、まず目に入ってくるのは広告の画像ですよね。

画像を認識した後に、「さて読んでみるか」という順番で行動していくわけです。

何が言いたいかというと・・・

画像無しにFacebook広告で成果を出すのは難しいってことです。

Facebook広告の基本構造

画像の重要性を感じてもらうためにも、ここでFacebook広告の基本構造の話をしようと思います。

Facebook広告の基本的な構造は以下のようになっています。

14138552_1815409868678014_2045197470_n

リスティング広告を運用していた方であれば、言葉を聞いただけで何となく推測ができるかと思います。

しかし、この記事はFacebook広告のみならず、Web広告初心者の方にも簡単に理解できるように書いているのでそれぞれの役割を説明します。

キャンペーン  企画やプロジェクト名などの大元となる部分
広告セット  オーディエンス、予算、配信スケジュールなどで管理できる(オススメはターゲットごとに分ける)
広告  画像や広告文などのユーザーに直接見える部分であり、飛び先のURL指定もここで行う

ここでお分かり頂けるかと思いますが、画像が含まれるのは「広告」の部分ですよね。
Facebookユーザーの目に直接触れるのはこの「広告」の部分になります。

だから、結局この「広告」の部分が非常に大切なんです。

後述しますが、成果を上げるために広告のテストを行う際にも、まず改善するのはこの「広告」の部分になります。

その中でも画像の改善のプライオリティは高いのです。

Facebook広告での画像の表示形式

こちらが実際にユーザに表示される形式です。

(パソコンの場合)

Facebook

(スマートフォンの場合)

14037744_1099807730113245_1947260358_o

いかがですか?

今、広告を目にした時、やはり画像に目が行きましたよね。
上記の様なイメージで個人のニュースフィードにFacebook広告は表示されます。

画像の役割

ここでは、Facebook広告における画像の役割について見ていきます。

画像の1番大切な役割は、ズバリ

ユーザーに目を留めてもらうこと

です。

まずは、左脳的に攻めるよりも右脳的に攻めることが肝要です。

しかし、だからといって過激な画像を使用すると、Facebookのガイドラインに反してしまうので注意は必要です。
あくまでも、自身のビジネスに合わせた範囲内での表現に留めておいて下さい。
まずFacebook広告ガイドラインを1度確認しておきましょう。

ここから先は無料会員限定です。

会員登録はこちら


この記事の内容が「役に立った」と思ったらSNSで共有しよう。

スモールビジネス必見の無料Ebook
本当に役立つWebツール・サービス50選

スモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。